ゲイリー・オールドマン、マーベルにラブコール

ゲイリー・オールドマンが、マーベル映画に出演したいようだ。

18歳から29歳の3人の息子を持つゲイリーは、息子たちからスーパーヒーロー役を演じて欲しいと言われているとして、マーベルにラブコールを送った。

先日行われた全米映画俳優組合賞(SAG)の式典会場でゲイリーは「マーベルから連絡をもらったことはないよ。でもそういう機会があれば、うちの息子たちからはやって欲しいと言われてるよ」と答えた。

最新作「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で、英元首相チャーチルを演じたゲイリーだが、その際には役作りに大幅な体重増加が必要となることを心配していたことを明かしていた。

「無理だって笑っちゃったよ。僕はもうすぐ60歳の大台に乗るんだよ。70ポンド(約32キロ)も増やして、残りの人生全部をかけて体重を戻すことになるなんて無理だってね。だから特殊メイクという方法しかなかったわけさ」
「チャーチルという人間は象徴的であると同時に神話のようにもなっている。そしてそのシルエットもとても象徴的で有名だ。だから自分にそれが描写できるのか本当に考え込んだよ」

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス