最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「学校に行きたくない」と言い出した。専門家が教える、親の取るべき対応とNG対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬休み明け、子どもが「学校に行きたくない」と思いつめたように突然言い出して、困惑したというママもいらっしゃるのでは?

夏休みや冬休みなど、長期の休みがあった後は、不登校の子どもが実際に増えると言います。もしかしたら、今まさに子どもが不登校で悩んでいる…というママもいらっしゃるかもしれません。

子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら、親としてどう対応したらいいのでしょうか?一般社団法人不登校支援センターのカウンセラー、桒原航大さんにお話を伺いました。

■専門家が教える、子どもを追いつめる親の対応とは?

親が「良かれと思って」していることが、実は子どもを追いつめ、余計に親に心を閉ざす原因になることは少なくないようです。

いったいどんな対応が、子どもを追いつめるのでしょうか?多くの親がやりがちな、代表的な対応を教えていただきました。

■1.原因を追究しようとする

「なんで学校に行きたくないの?お母さん(お父さん)に言いなさい」

このように、子どもが「学校に行きたくない」と言うと、まず理由を聞いて、原因を追究しようとする親御さんは多いと思います。

いじめがあったんじゃないか?勉強についていけてないんじゃないか?いろいろ気になりますよね。

また、子どもに早く学校に行ってもらうために、原因を知って対応したいという気持ちもあるでしょう。

しかし、親からのこのような原因追及の質問は、余計に子どもの心を追いつめることになります。

「なぜ」「なんで」という疑問詞は、たいてい人を問い詰めるときに使われるもの。この疑問詞を使って質問をされると、子どもの心には「また怒られる!」という意識が芽生えてしまうのです。

質問というよりは、『尋問』に感じてしまい、心理的に大きな負担がかかるんですね。このような質問から出る答えは、真実ではなく、苦し紛れの言い訳であることが圧倒的に多いのです。

■2.アドバイスをしたり励ましたりする

「やればできるから、やってみよう」「がんばろうよ」

子どもに何とか学校に行ってもらおうと、このようにアドバイスをしたり励ましたりするのが効果的と思う親御さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、子どもが学校に行きたくないことを親に打ち明けるときというのは、アドバイスや励ましがほしいわけではないのです。

子どもは、学校は行かなければならないものというのは、十分に理解しています。

そして、自分が学校に行きたくないと言うことで、親がどれだけ困惑するかということも、ちゃんと分かっています。

それでも学校に行きたくないと打ち明けるというのは、相当悩んだ末の結果、もしくは相当なストレスを抱えているということです。

そんなとき、励ましやアドバイスを言われても、子どもの心には届きません。むしろ、「お母さんは(お父さんは)まったく自分の気持ちを分かってくれてない」と思い、より孤独感を抱き、心を閉ざしてしまう可能性が高くなるのです。

■専門家が薦めたい親の対応法とは?

では、子どもが「学校に行きたくない」と言ってきたとき、親はどのように対応すればいいのでしょうか?対応法を伺いました。

■1.気持ちに寄り添う

子どもが「学校に行きたくない」と言ってきたときは、まずはその気持ちに寄り添ってあげることが大切です。

「何があったの?」と子どもに訊いて、子どもの話を聴いてあげましょう。子どもの気持ちを吐き出させてあげましょう。

そして、「辛かったんだね」「大変だったんだね」などと気持ちに寄り添う言葉がけをしてあげましょう。

身近な家族が自分の気持ちを分かってくれている、というのは、子どもにとってとても心強いものです。

大人である私たちも、本当に悩んでいて、それを人に打ち明けるときというのは、アドバイスや励ましがほしいからではないはず。そう、悩み苦しんでいるときは、ただただ自分の気持ちを分かって、寄り添ってほしいですよね。大人も子どもも、それは同じなのです。

■2.不登校に対する認識を見直す

不登校に関して、ネガティブなイメージを持つ親御さんは多いと思います。

しかし、不登校は絶対的に悪いものとは言えません。不登校は、子どもにとって、『大きなストレスから身を守るためのひとつの方法』である場合も多いのです。不登校という形をとっていない場合、病気やうつ、自殺など、もっと最悪な別の形で表れることもあるかもしれません。つまり、学校を休むというのも、子どもを守るひとつの選択肢かもしれないのです。

また、文科省は平成28年に、「不登校を問題行動と判断してはならない」との見解を含む通知を出しています。

そして、不登校の子への支援は、「学校を休む子どもが悪いという根強い偏見を払拭することが重要」、また、「不登校の期間は休養や自分を見つめ直すなど積極的な意味を持つことがある」という見解も示しています。

不登校になる理由は子どもそれぞれで違い、対応策も違ってきます。ときには、子ども自身も気づいていない、思わぬストレスで不登校になっている場合もあります。不登校の解決には、親御さんの理解は絶対に必要です。その子に合わせたペースで、親子で足並みを揃えていくことが大切になります。

不登校に関してネガティブなイメージしかないのなら、その認識をちょっと変えて、いろんな事例などを知ることも、子どもを本当の意味で理解し不登校を解決する近道になります。

■まとめ

今回お話をお伺いしたカウンセラー・桒原さんの勤める不登校支援センターのホームページでは、カウンセラーの方々のブログで、実際の不登校の事例や、ケース別の対応法が詳しく載せられています。

子どもが学校に行きたがらなくなった、子どもが不登校になって悩んでいるという場合は、ぜひご覧になってみてください。きっと有益な情報が得られるはずです。

【取材協力】桒原航大 くわばら こうだい

一般社団法人不登校支援センター理事。教育大学で発達臨床コース生徒指導総合分野を専攻し、道徳性の認知発達について学ぶ。

小学生から大学生まで様々な年齢の生徒へ向けた自立支援活動や、職員の研修・育成、また講演会などでも活躍。

一般社団法人 不登校支援センター ホームページ ・ カウンセラーブログ


外部リンク(ウレぴあ総研)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス