【新車】コンパクトSUVのボルボ・XC40が先行上陸。ローンチ限定モデルは559万円

clicccar

2018/1/29 06:03


XC90、XC60とSUVのフルモデルチェンジを順次行っているボルボ。日本の狭い道路事情でもマッチしそうな新型ボルボ・XC40がいよいよ日本に上陸します。

本格導入に先立ち、2018年1月26日、「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」を300台限定で予約注文の受付が開始されました。発表、発売は2018年3月の予定だそうです。

気になるボディサイズ(欧州値)は、全長4425×全幅1863×全高1652mm。新開発の小型車向けのプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用し、都市型のライフスタイルにマッチするスポーティで、カジュアルなデザインが特徴のコンパクトSUV。搭載されるパワートレーンは、2.0Lの直列4気筒ターボエンジンに8速ATの組み合わせになります。

ライバルは、国産SUVはもちろん、全長4400×全幅1830×全高1615mmというサイズのアウディQ3、全長4455×全幅1820×全高1610mmのBMW X1、全長4430×全幅1805×全高1505mmのメルセデス・ベンツGLAあたりになりそうです。

XC90以降、XC60でさらに推進されているボルボの新世代デザインが目を惹きます。新世代ボルボの共通アイコンである北欧神話の「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトをはじめ、伸びやかなリヤコンビネーションランプなどが採用されていて、サイドニューは兄貴分2台よりもスポーティな攻めたデザインに移ります。

実際にボルボXC40は、XC90、XC60に比べてよりスポーティでカジュアルなスタイリングが特徴。

フロントセクション、ボンネットやサイドパネルは、曲線に深い彫りが組み合わされた大胆な造形で構成されていて、細部までエッジの効いた都会にマッチするデザインとしています。

内装は、90シリーズや新型XC60と同様に、9インチ縦型タッチパネルが採用された新世代SENSUSを備え、高い実用性と洗練を高次元で両立したとしています。

さらに、90シリーズや新型XC60で採用された多くの最新装備を採用。「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」のほか、「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」が新たに加わり、16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」が標準装備されます。 

XC40の日本導入は、2018年3月の「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」を皮切りに、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインナップを充実させ、順次導入予定としています。「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」の価格は559万円、300台の限定です。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス