逆転の発想で、寝不足を改善するアプリ。

TABILABO

2018/1/29 06:00


今や、数え切れないほどの睡眠アプリがあります。そのほとんどが「テクノロジーを駆使した目覚まし」だったり、「寝ているときのデータを測ってくれるもの」だったりします。

でも、Shleepは睡眠に関するレクチャーをしてくれるんです。

リスクを知らないと
行動は変えられない



睡眠の知識をユーザーに教えてくれるは、アプリを開発した彼らが寝不足などによるリスクを知らないと、行動を変えることは難しいと考えているから。

つまり、「寝る前にスマホを使うのはやめましょう」とただ押し付けるだけではなく、しっかりと丁寧に「なぜダメなのか」までレクチャーしてくれるということ。

使い方はカンタンで、ダウンロードをしたら、まず約20の質問に答えるだけ。

ちなみに、こんな感じ。


最初のアンケートが終われば、理想的な睡眠に対する、あなたの達成率を教えてくれるので、自分が改善するべきポイントを知ることができます。(ちなみ、僕は45%…。)

あとは、正しい知識を得るために、1~2分のビデオを視聴するだけです。


日本でもダウンロードをすることが可能です。英語を使わなければいけないけど、そこまで難しいものではないから、多くの人が使えることでしょう。

小手先のテクニックではなく、本質的な知識を蓄えることができるアプリ。役に立ってくれそうです。

Licensed material used with permission by Shleep

あなたにおすすめ