最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

配偶者が自分以外の異性とデート…不貞と認められる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/

配偶者が自分以外の異性とデートをしていることが発覚した……という方はいませんか?

食事をしていただけであれば許せる方が多いかと思いますが、実際に何をしていたかがわからず疑心暗鬼に陥るケースも少なくありません。

そこで今回は、デートをしていることを根拠に離婚は認められるのか、慰謝料は請求できるのかなど、法的にはどのように扱われているのか、解説します。

■デートは不貞にならない
まず、デートが不貞になるのかですが、結論からいうとデートしただけでは不貞とは認められません。

不貞行為について、具体的な内容は民法には全く書かれていませんが、大まかな内容は、最高裁判所の判例に示されています。

その判例では、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」が不貞行為であると定義されています。相手方の自由な意思に基づくものであるかどうかは問いませんので、相手方を強姦した場合も、配偶者が不貞行為をしたことになります(最高裁昭和48年11月15日判決)

当然ながらデートをしただけでは性的関係を結んだことにはなりませんので、「配偶者に不貞な行為があったとき」には該当せず、不貞とみなされることはありえないのです(上記判例が変更されない限りは、ですが)。

それでは、デートが原因で離婚は成立するのでしょうか? これは、デートを理由に離婚話をまとめられるのかという点と、デートが離婚原因に該当するかという点を分けて考える必要があります。

■話し合いで合意できれば離婚は成立
そもそも話し合いでの離婚(協議離婚・調停離婚)では、離婚原因は必要ありません。たとえば、あなたが「他の女とデートするなんて許せない!別れて!」と言って、夫がそれに合意するのなら、それだけで離婚は成立します。

ですから、「離婚原因にならないなら離婚を請求してもしょうがない」というわけでは全くありません。夫が離婚に応じるように色々と策を講じつつ交渉すればよいのです。

■裁判では離婚原因が必要
しかし、頑として夫が合意しない場合には、デートが離婚原因に該当するのかが問題になってきます。もし離婚原因になるのなら、夫が拒否していても裁判離婚を認めてもらえるからです。

ところで、民法上の一般的な離婚原因として「婚姻を継続し難い重大な事由」というものがあり、デートが離婚原因にもし該当するのなら、これしかありません。

しかし、「婚姻を継続し難い重大な事由」というのは婚姻関係が破綻して回復の見込みがないことを意味しており、とりわけ客観的婚姻破綻(=別居)の事実が重視されます。そのため、デートがこれに該当するというのは、かなり無理があります。

■デートでも例外はある
とはいっても、デートが常識外れに親密であったり高頻度であったりする場合には、「これだけ親密なのであれば、(はっきりとした証拠はないが)常識的に考えて不貞行為があってもおかしくはない」、「正常な夫婦関係を継続する意思がないのだろう」と裁判官に判断してもらえる可能性もなくはありません。

そうなると、離婚を認める判決を書いてくれるかどうかは正直微妙でも、離婚に応じるよう相手方を説得してくれる可能性はありえます。

■慰謝料について
これとは別に不倫慰謝料請求の場面でも、不貞行為の有無が問題になります。理屈上、不貞行為は不倫慰謝料請求の必須要件ではありませんが、事実上、肉体関係を証明できなければ慰謝料はほとんど認められないからです。

もっとも、度を越した親密な交際があったこと等を証明できれば、慰謝料が認められる余地が出てきます。

親密な交際が肉体関係の存在を推測させたり、配偶者としてのあなたの地位を積極的に害する意思があることを推測させたりするからです。

*著者:弁護士 近藤美香(秋葉原よすが法律事務所。家事事件を専門的に取り扱い、500件以上の家事事件を取り扱った経験を持つ。JADP認定の夫婦カウンセラーの資格を保持している。)

【画像】イメージです

* Antonio Guillem / Shutterstock

【関連記事】

* 肉体関係がなくても慰謝料が発生するケースはある?

* 子どもが自分の血を引いてなかった…離婚しても養育費は必要?

* 財産分与を有利に進めるためのポイント2つ

* 夫が上司に連れられ風俗へ…離婚は認められる?

* 夫が働かない…収入減を理由に離婚はできる?


外部リンク(シェアしたくなる法律相談所)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス