週に1回にしよう…?ベッドで女に言われて「戦慄した言葉」3つ

ananweb

2018/1/28 20:45



恋愛において、なんでも気兼ねなく話せる関係って理想的ですよね? でもそれは女性側の一方的な見解にすぎない場合がある。もしかしたら彼は、あなたの言葉に大きなショックを受けている可能性も……。そこで今回は、“ベッドで女性に言われて戦慄した言葉”というテーマで男性に話を聞いてみました。

文・塚田牧夫

■ 「お父さんと同じニオイがする」

「ひと回り下の彼女と付き合っています。相手が若いので、俺もいろいろ見た目には気を使っています。ファッションなんかも若めにしてる。

彼女がうちに泊まったある朝のこと。起き抜けに、彼女が“クンクン”と枕を嗅いでいたんです。俺がどうしたのかと尋ねたら、ショックな言葉が返ってきた。

“お父さんと同じニオイがする”。が~ん。

彼女は枕を顔に当てながら、“ちょっと嗅いでみてよ”と嬉しそうに言う。ニオイケアだってしてるはずなのに……。やはり寄る年波には勝てないのか……」マコト(仮名)/35歳

■ 「もとい…」

「彼女は中学校で国語の教師をしています。学校では厳しい先生で通っているようですが、ベッドの上ではかなり淫乱。そのギャップに興奮しています。

ところが、あるときエッチをしていたときのこと。彼女はいつものように快感に身を委ね、乱れていました。そこで名前を呼んできたんです。“ユウヤ……”と。

でも、僕の名前は“ユウキ”。誰? と思って彼女を見たら、目が合った。呼び間違えたことにすぐに気が付いたんでしょう。“もとい……”と教師口調で訂正したんです。

そして僕のカラダに抱き付いて“ユウヤ~!”と叫びました。しかし、手遅れ。ユウキが何者なのか問いただしました。元カレ……と言っていたけど、本当かどうかは分かりません」タカマサ(仮名)/31歳

■ 「週に一回にしない?」

「彼女と同棲を始めて一年が経ちます。ケンカもなく、仲良く暮らしています。そろそろ結婚も考えよう……としているぐらいでした。

うちは毎日一緒に寝ているし、エッチも週に二~三回ぐらいと、よくしている。彼女も満足してくれている……と思っていました。ところが、あるとき彼女の言葉に戦慄した……。

エッチが終わったあとです。満足感に浸っていたところで、彼女が“ねぇ”と。そして“週に一回にしない?”と言いました。彼女は満足してなかったのか……と思いました。

でも理由は別で、“仕事に差し支えるから”というのことでした。にしても、世間ではセックスレスに悩んでいる人も多いというのに、回数を減らす提案をしてくるなんて……。悲しかったです」ノリヨシ(仮名)/29歳

“男がベッドで女性に言われて戦慄した言葉”をご紹介しました。

男は意外とナイーブでデリケートです。なんでもかんでも言っていいわけではありません。特にベッドの上でのことでショックを受けると、使いものにならなくなる可能性もあるので、発言には細心の注意を払うべきでしょう。

(C) wavebreakmedia / Shutterstock(C) gpointstudio / Shutterstock(C) Photobirdua / Shutterstock(C) lenetstan / Shutterstock

あなたにおすすめ