最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

卒業発表のNMB48市川美織、恋愛解禁にコメント 理想のタイプは「グレープフルーツさん」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市川美織/モデルプレス=1月28日】NMB48の市川美織が28日、都内で行われたイベントに出席した。

◆市川美織、NMB48を卒業



19日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた「AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2018」にて、4月、5月あたりにグループから卒業することを発表したばかりの市川。

卒業を決めたタイミングを聞かれると、「昨年の頭の方では『来年中かな』と思っていた」と回答。「戌年なので年女なのと占い的にも『すごく良いよ』と言われたので、華があるうちにと、区切りをつけたいと思った」とこのタイミングに決めた理由を説明。「いつまで経ってもレモンになれないので、グループにいるだけじゃダメなのかなと…(笑)」と現実的な本音もこぼして笑わせた。

卒業後は、「女優という夢も持っていたので、お芝居も続けられたらとそれだけじゃ物足りないのでYouTuberも。被写体になるのもの好きなのでモデルとしても」とこれまでと変わらず幅広い活動をしていきたいと意気込み。「色んな顔を持ち合わせる人になりたい」「色んな所でいろんな自分を発信できる人になりたい」と胸を膨らませた。

また、卒業までにしたいことを聞かれ、「あともう少しなのでもう1回ツインテールを復活したいなと。アイドル生活最後まで楽しみたいなと思っています」と宣言。

卒業後は“恋愛解禁”となるが、理想のタイプは「グレープフルーツさんが現れたらいな」と目を輝かせ、「皮が厚くて中身は繊細な人なので、全てを包み込んでくれる人がいいなと思います。私の全てを包み込んで欲しい」とレモンキャラを徹底した。

◆市川美織、NMB48に感謝



市川は、2010年にAKB48の10期生として加入し、2013年4月からNMB48と兼任し翌年4月から完全移籍した。

「AKB48に入ってなかったら普通に働いていたかもしれないので最後の夢を叶えてくれたAKBには感謝してる。これから恩返しを数ヶ月でできたら」とAKB48へしみじみと感謝。

NMB48については「NMB48に移籍しなかったらもうちょっと早く辞めてたんじゃないかと思うくらいNMBには生きる希望を貰った。アイドルやって良かったと思える幸せな毎日だったと思います」と語った。

卒業発表後、グループの後輩メンバーや「こけしシスターズ」(HKT48村川緋杏NGT48高倉萌香と組んでいる非公式ユニット)メンバーからも「寂しいです」と沢山連絡が来たことを報告。「『卒業までにご飯行きましょう』って熱いメッセージを頂いて、意外と先輩として役に立っていたんだなと実感して嬉しい感じがしました」と後輩からのメッセージににっこり。「もうちょっといた方が『おいしいかな』とか思ったりもしたんですけど(笑)、ちゃんと自分が決めたことは正しいと。4月に卒業コンサート控えているのでそれまでに教えてあげられることとか、様子を見られる機会があればと」と先輩らしく話した。

◆市川美織、女性ファン50名と交流



イベントは2014年3月より就任している「広島レモン大使」としての恒例のトークショー。「レモンになりたい夢はずっと持ち続けているし、レモンになるために頑張っているので、変わらずフレッシュレモンになりたいです!」と大使は続けると断言。

イベントには抽選で選ばれた女性ファン50名が駆けつけ、一人一人にレモンを手渡し笑顔で会話。最後は全員で記念撮影し、ファンを喜ばせていた。

NMB48は4月3日に大阪・オリックス劇場にて市川の卒業コンサートを開催。4月16日にも市川の出身地・埼玉県の大宮ソニックシティでチームN出演の卒業コンサートが行われる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス