最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

クロエ・グレース・モレッツ “セクハラ行為”認めた共演者俳優についてコメント避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年11月のこと、複数の女性達より「酷いセクハラ男」と糾弾された米コメディアン兼俳優のルイ・C・K。それを否定することなく「相手の許可を得て男性器を晒して見せた」などと告白する声明を出し、彼は反省の念を見せていた。そのルイと映画で共演した女優クロエ・グレース・モレッツが、映画祭に登場。そこで「セクハラを受けた経験はあるか」「ルイとの共演後に同スキャンダルを知った感想は?」といった質問を受けたものの、「被害を受けた経験ならある」としながら、ルイについて直接的なコメントをすることは最後までなかった。

「ルイ・C・Kにセクハラされた!」

昨年、多くの女性達が「過去にセクハラ行為を受けた」として加害者らを次々と名指しし批判する騒動が勃発。その中でルイも同じように告発されたが、彼はそれを否定することなく以下のような声明を出していた。

「(女性達の前で、または電話で自慰行為をしたなどという)主張は事実です。」

「当時は問題ある行為ではないと思っていました。あらかじめ女性に確認していましたから。ですが後に、手遅れながらこう知ったのです。自分より権力がある人間に“男性器を見てくれ”と言われることで、相手は逃げがたい困難な状態に陥るのだと…。」

「自分の行為をとても反省しています。」

そのルイが脚本を書き、監督や出演などもこなした映画『I Love You, Daddy』に娘役で出演した女優クロエ・グレース・モレッツが、このほどサンダンス映画祭に参加。ハリウッド映画界にはびこるセクハラ問題、ルイとの仕事を振り返っての今の気持ち、彼のセクハラ行為を知った思いや自身の経験を問われ、このように答えた。

「私の経験を話すこともできますが、全体的なセクハラ撲滅運動について話すほうがより重要だと思います。」

またクロエは「多くの女性がセクハラの被害者である」とし、こう続けた。

「でも良いことだと思います。こうやって話せるのですから。サンダンスでこういった質問を(記者が)する―2年前には考えられなかったことだったのですから。」

「見逃すべき問題ではないと思っています。私達は多くのことを経験していますが、今は少なくともこうやってコミュニケーションを取っており、(加害者側は自身の行為につき)説明する責任があるのです。」

ルイに何らかの被害を受けたのか、またルイが今後どうすべきなのかなどについては言及を控えたクロエ。しかし彼の映画には出たもののプロモーションには参加しない方針を明かしており、ルイ本人も当然ながら複数の大きな仕事を一気に失うなど今になって社会的制裁を受けている。また離婚歴のあるルイには子どもが2人いる。父親ルイの蛮行を世界中に知られルイ自身も「事実です」と認めていることに、子ども達がどれほどの打撃を受けているかは想像に難くない。しかし「権力を乱用しセクハラ行為に及べばどうなるか」を多くの男性が思い知ったこと、また女性が「恥ずかしい」との思いから泣き寝入りする時代は終わったことを、この一連の騒動で思い知った人は多いはずだ。

画像は『Chloe Grace Moretz 2017年10月17日付Instagram「@damon_baker」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス