最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジョージアの剛腕・栃ノ心、14勝1敗で初優勝に殊勲&技能賞 友綱親方「あの筋肉は反則」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<大相撲初場所>◇千秋楽◇1月28日◇両国国技館

前頭三枚目・栃ノ心(春日野)が前頭五枚目・遠藤(追手風)を下し14勝1敗とし、自身の初優勝に花を添えた

 栃ノ心は、遠藤の鋭い立合いに苦戦し出し投げで体勢を崩されかけたが、土俵際で立て直すと、徐々に怪力で遠藤の上体を起こし、最後は一気にプレッシャーをかけて押し出した。この日、殊勲賞と技能賞のダブル受賞も決めていたが、今場所の好調ぶりを象徴するような相撲で、会場を大きく沸かせた。欧州出身力士の優勝は、2012年初場所の大関・把瑠都(14勝1敗)以来で史上3人目(1人目は大関・琴欧洲)。平幕優勝も2012年夏場所で前頭七枚目だった旭天鵬以来。

AbemaTVで解説を務めた元旭天鵬の友綱親方は「現役最後の相手が栃ノ心だったんです。あの筋肉は反則だと思った。本当に調子がいいんですね。言うことがないです」と大絶賛。巡業中の稽古ぶりに「稽古をやったらやっただけ結果が出せるのを見せたと思う。うちの部屋の弟子にも伝えたい」と、目を細めていた。

(C)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス