“もてる男”原田泰造、山本未來&小西真奈美に挟まれ「ドギマギ」

ザテレビジョン

2018/1/28 16:50

原田泰造主演の映画「ミッドナイト・バス」が1月27日に公開初日を迎え、都内で行われた初日舞台あいさつに、原田、山本未來、小西真奈美、七瀬公、舞川みやこ、長塚京三、竹下昌男監督が登壇した。

同作品は、作家・伊吹有喜による直木賞候補の同名小説の映画化。バツイチ長距離運転手の利一(原田)が、元妻・美雪(山本)と年下の恋人・志穂(小西)の間で揺れながら、男として二児の父親として家族や恋人に向き合っていく姿を重厚な演出で描く。

撮影のために大型自動車免許を約3カ月で取得した原田は、「最初は怖かったけれど、テイクを重ねていくうちにプロ並みの腕前になりました」とドライビングテクニックを自賛し、「免許取得も一発OK。運が良かったんです。教習所の先生とも相性が良くて『いい腕してるね、運転手になれるよ』と言われました」と報告した。

山本は「最高ですよ。泰造さんが演じた利一は頼りない、だらしのないような役ですが、泰造さんが演じるからこそ、引き付けられる魅力的な男性になった」と原田を賞嘆。

小西は「不器用な女性でもあり、利一さんに10年間ずっと寄り添って真っすぐに向き合っていこうとしている女性。そこがいじらしくも、もどかしい。真っすぐに生きられない大人ならではの状況も描かれるので、後半部分にも注目してほしい」と自身の役について語った。

壇上で元妻と現恋人に挟まれ、両手に花状態となった原田は「この映画ではすごくもてています」と照れながらも「でも、今は山本さんと小西さんの間に挟まれて汗が出ています。ドギマギしていて、役がまだ抜け切れていないのかも…」と苦笑いだった。

美雪の父を演じた長塚は、共演者に向け「普段は幸せな方々なのに、不幸な演技が上手。これはかなわないぞと、おとなしく演じました」と笑わせ、「原田さんがなぜもてるのか?と研究するのも、この映画の見方の一つですね」と客席に向けてアピールした。

約3年かかった映画化までの道のりを振り返り、竹下監督は「ようやく長い夜が明けた気がする」と東京初日に感慨深い面持ちで「先週に先行公開された新潟では、7館で集客1万人を超えました」と大ヒットを報告。「キャストたちがどのような物語を紡いでいくのか見てほしい。宣伝費も少ない映画なので、観客の皆さん一人一人で盛り上げてほしい」と東京でのヒットを祈願した。

最後に原田も「いろいろな人たちが心を込めて作った映画。家族の映画であり、恋愛映画でもある。さまざまなメッセージが込められた映画。観客の皆さんにも何かを受け取ってもらいたい」と思いを込めた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135532/

あなたにおすすめ