最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

元大関・照ノ富士、大関陥落からわずか2場所で十両決定…直近4場所でわずか2勝 友綱親方「声かけづらい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<大相撲初場所>◇千秋楽◇1月28日◇両国国技館

元大関で前頭十枚目の照ノ富士(伊勢ヶ濱)が初場所を白星なしの8敗7休で終え、十両陥落が決定的となった。照ノ富士は2017年秋場所で大関から陥落。関脇だった九州場所が5敗10休だったため、今場所は前頭十枚目だったが、体調不良の影響もあり1つの白星も挙げられなかった。スピード出世で一気に大関まで駆け上がったが、大関陥落からわずか2場所で、幕内からも姿を消すことになった。

 これで昨年の名古屋場所から4場所連続で途中休場かつ負け越し。この4場所の間では、わずか2勝しかできなかった。AbemaTVで解説を務めていた元旭天鵬の友綱親方は「言葉がかけづらい。各部屋で千秋楽パーティがあるけれど、声をかける人もなんと言っていいか考えるのでは」と、同じモンゴル出身の後輩を心配していた。

(C)AbemaTV


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス