最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

片岡愛之助、19歳の頃の写真公開 思い入れのある役柄に感慨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌舞伎役者の片岡愛之助が、27日のアメブロにて19歳の頃の写真を公開した。1月2日から26日まで劇場歌舞伎座にて上演されていた「壽 初春大歌舞伎2018」にて、昼の部夜の部ともに一演目二役を務め上げた片岡。夜の部では更に、『勧進帳』という演目にも出演し、四天王の駿河次郎役を演じた。

片岡愛之助オフィシャルブログ

片岡は、養父である片岡秀太郎の父、十三世片岡仁左衛門の部屋子として歌舞伎界に入り、9歳のとき、初代千代丸という名のもと京都の顔見世興行で披露された。19歳のときに十三世から「愛之助」を継ぐよう言われ、当時大阪の中座で上演だった『勧進帳』で六代目片岡愛之助を襲名し、駿河次郎役を演じた。

そのような経緯もあり片岡は、「僕にとっては、愛之助の名になったとても思い入れ深い お役です そこで、愛之助を襲名させていただいた時のお役、駿河次郎の、写真を」と19歳の頃の写真を載せ、現在45歳の写真と比較して、「若いなぁ」とコメントした。

また、夜の部『角力場』で演じた与五郎と放駒長吉の二役は、亡き13世が度々演じた二役でもあり、とても感慨深かったとのことであった。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス