「どこかでしゃべったほうがいい」 松本人志、桂文枝の不倫報道に提言し驚きの声

しらべぇ

2018/1/28 15:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が不倫や演芸場の名称をめぐる不正疑惑に揺れる桂文枝についてコメント。

その「腫れ物扱い」ぶりや、松本がこの件に触れたことについて驚きの声があがっている。

■「文枝さんの話題はあかんねん」と発言


番組冒頭、ワイドナ高校生の矢吹奈子が「さしこちゃんがすごい好きで、握手会に行ったときに…」と自己紹介。

すると松本が「憧れた人をちゃんづけって」とツッコミを入れる。そして、

「俺が文枝ちゃんって言ってるようなもん。ああ、文枝さんの話はあかんねん! 文枝さんの話したらあかんって言われてんねん! なんかあかんねん。吉本がザワザワすんねん」

と吉本の大先輩である桂文枝の名前を口に。さらに、

「会社の人間に『あれどうなってんねん? 』と聞いたら、みんなモゴモゴモゴモゴする。やらないの? 文枝さんのやつは」

と東野に質問。すると東野は、

「文枝さんのやつは、まとめてまた、居酒屋でやります。オンエアじゃないところで」

と回答。『ワイドナショー』では取り上げるつもりがない方針を示した。

■文枝の姿勢に苦言


松本は一連の不祥事疑惑や不倫問題について口を閉ざしている桂文枝について、

「文枝さん、別にこの番組じゃなくてもいいけど、どこかでしゃべったほうがよくないですか? ここでやると我々が庇っているってなるから、『サンジャポ』(TBS系)でもいいし、『バラいろダンディ』(TOKYOMX系)でもなんでもいいから」

と苦言。

東野も「文枝さんにもしゃべっていただきたいですけれども…」と同調する。しかし、コメンテーターがこの件について意見を述べることはなく、議論もないまま次の話題へと移った。

やはり桂文枝の話題を吉本所属芸人が出演する番組で取り上げることは難しいようだ。

■因縁浅からぬ2人


ちなみに松本は若手時代、桂三枝時代の文枝にキレられたことを明かしている。コントのリハーサルで台本通りに演じたにもかかわらず、言葉遣いが気に入らなかった文枝からマネージャーを通じて謝罪するようを要求されたそう。

このエピソードは、のちにコント化されることになる。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)内の「サニーさん」だ。

桂三枝と思われるサニーさんが浜田の発言にキレ、浜田にYOUが「謝ってください」と促す。不満そうに謝罪すると、松本演じるサニーさんが、「もうええねや」と返すのだ。

当時まだ若手だったダウンタウンが大先輩の桂三枝(文枝)をイジリまくっていたことは、賛否両論となっていた。そんな因縁浅からぬ2人だけに、松本としては不祥事に口を閉ざす文枝について、物申せずにはいられなかったよう。

■ネット民は驚きの声


桂文枝の話題が「タブー」化している事実や、それについて松本が触れたことについてネット民からは驚きの声が。








■若者は松本人志の発言に説得力を感じている


今回敢えて大先輩の不祥事疑惑に言及した松本人志。それだけ彼の地位が上がったということなのだろうが、身内の大先輩に苦言を呈した勇気は、称賛に値するものだろう。

しらべぇ編集部が全国20~60代の松本人志を知っている男女1,226名に「松本人志の発言の説得力」について調査を実施したところ、若者の5割が「正しいと思う」と回答。一定の支持を得ている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一方、中高年は厳しい評価を与えており、60代男性に至っては3割未満の割合に。世代間で、彼の発言に対する意識が異なっている。

その正当性は意見が分かれるところだが、自分にとって都合の悪いことでも包み隠さずコメントするのが『ワイドナショー』のスタイルだろう。これからもその姿勢だけは、貫いてほしい。

・合わせて読みたい→スピードワゴン小沢、松本人志に「死んでほしい」 サイコパス発言に賛同の声

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,226名(有効回答数)

あなたにおすすめ