「本当は付き合いたくないけど」LINEの『ママ友グループ』の上手な抜け方って?

grape

2018/1/28 12:10

2018年1月26日に放送された情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、タレントの千秋さんが、ママ友のLINEグループについてアドバイスを語りました。

人間関係をリセット

番組では、「本当は付き合いたくないけど、続けている人間関係」について特集。

疲れるSNSでの人付き合いに関して、スタジオ内で議論が行われました。

その中で、ママ友のLINEグループについての悩みを紹介。

ママ友のグループLINEに入ったら、仕事中や深夜まで連絡が入ってきて大変。

すぐに返信しないと忙しいアピールみたいに思われそうだし、大人数が見ているので、発言にも気を使う。でもグループから抜けたら、その後何をいわれるかわからない。

初めから入らなければよかったと、後悔しています。
ノンストップ! ーより引用なにかと気を使う、ママ友との関わり。抜けた後の悪口や子どもへの影響などを心配して、抜けられてない人も多くいるようです。

MCの設楽統さんに、「どうしたらLINEを抜けられるんですかね?」と聞かれた千秋さんは、このように答えました。

私はすぐに抜けるので。

もともと抜けるクセがある。断捨離で5個くらいしか履歴が残ってないっていうのも(周りに)いってて、もう話がない、用がなくなったら「抜けまーす。また何か用があったらいってください」っていってる。
ノンストップ! ーより引用あらかじめ周りに、用事が済んだら抜けることを伝えているのだとか。

一番最初は勇気がいったんだけど、その後悪口いわれていようが聞こえないじゃないですか。

だからもう、どうでもいいやと思っていたら、どんどんどんどん「抜けまーす」って。
ノンストップ! ーより引用「抜けたらその後の情報が入ってこなくなるのでは?」という質問に対しては、「何かあったら呼んでね」と、いうようにしているのだそうです。

苦手なことをアピール

この問題に対して、心理療法家の川畑のぶこさんが答えた方法がこちらです。

「私、返信苦手系(無反応系)なんだー!」と伝える。SNSが苦手なんだと、最初に明るく伝えておくことがいい。
ノンストップ! ーより引用設楽さんは「千秋さんもこうですよね」と、心理療法家と同じ方法を取っていることを指摘していました。

ネット上では千秋さんの発言に、共感や憧れの声が上がっていました。

・めっちゃ分かる。いいこといってる!

・すごく共感できました。悪口いわれようが、聞こえないから気にしない。

・さっぱりしていてカッコいい。こうありたいですね。

ママ友のLINEグループに疲れてしまった人は、千秋さんのアドバイスを試してみるといいかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス