「最高のキスだった…」男性の胸に強く残るキスエピソード3選

愛カツ

2018/1/28 12:00


男性は、女性が想うよりもずっとロマンティスト。

普段は軽口を叩いてばかりの彼にも、いつも難しい顔をしている会社の先輩にも、大切な思い出がしまってある引き出しが、胸の奥にあるのです。

今回は、その引き出しをそっとあけて「キス」にまつわるエピソードを見せてもらいました。

「最高のキスだった…」男性の胸に強く残るキスエピソード3選

■ 同窓会の後、初恋の彼女と…

「同窓会で20年ぶりに小学校の同級生と再会。初恋の彼女は美しい大人の女性になっていました。結婚して県外に暮らしているという彼女に酔った勢いで思い切って『好きだった』と告白。すると彼女は『私も』と!

二次会会場の居酒屋のトイレでキス。
ホテルに誘いたかったけど、幸せな彼女の生活を壊したくなくて、我慢しました。

今でもあのときのキスを思い出すと、信じられない夢みたいな幸せな気持ちと、『なんでホテル行かなかったんだ』という後悔が頭をよぎります。

でも、思い出は美しいままで置いておきたいから……このままでよかったんですよね」(32歳/サービス業)

■ 旅立つ友人からふいに…

「大学時代のゼミ仲間が、仕事でイタリアへ。『きっともうイタリアに永住すると思うの』という彼女の送別会を開きました。彼女とはすごく気が合う友達で、2人で何度も朝まで飲んだけど、居心地のいい関係を壊したくなくて、男女の仲には進展しませんでした。

その日も最終的には2人で朝まで飲んで。じゃあ帰ろうか、となったとき、彼女が突然僕にキス。

『ずっと好きだったんだよ。』と涙ながらに告白してきました。もし、僕に勇気があって、彼女と男女の仲になっていたなら、今でも彼女は日本に居たのかな……」(27歳/メーカ-勤務)

■ 幸せの絶頂で…

「10年付き合った彼女に、ついにプロポーズを決心しました。彼女の誕生日に、ベタだけどフレンチレストランを予約して、デザートを食べ終わったタイミングで指輪を差し出して『結婚して下さい』と一言。

すると彼女は、にっこり笑って僕にキスしてくれました。様子を見ていたウェイターや他のお客さんから拍手で祝福されて。

今思い出すと、穴があったら入りたいくらい恥ずかしいのと同時に、最高に幸せな気分になります。来月の結婚記念日には、そのときのレストランを予約しているんです」(31歳/会社員)

■ おわりに

いかがでしたか?男性陣にとって最高のキスのエピソード。ふと思い出すと、胸が熱くなったり切なくなったり。そんな思い出を積み重ねることで、きっと人生はさらに美しく、楽しくなっていくのでしょう。

もしかしたら、誰かがあなたとのキスを「最高のキス」だと思ってくれているかもしれませんね。
(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス