最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

SNS 

友達と遊ぶのはデートじゃねぇ! SNSでひそかに「イタいな~」と思われている言動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



SNSには人の性格や思惑があらわれるもの。実際に会っているときには「いい人だなぁ」と思っても、SNSでの言動が痛々しいと、「あれ……?」と違和感を持つことも少なくないでしょう。人がみて「イタいなぁ」と感じている部分は共通していることも多いのです。ここでは、ひそかにSNSで「イタいな~」と思われている言動あるあるを聞いてみました。

女同士で遊ぶことを「デート」と呼ぶ



「インスタで女友達と遊ぶことを『○○ちゃんとデートしてきました~』って言う子。友達と遊ぶのってデートじゃなくね? 遊んできましたでいいじゃん……」(20代前半/男性/学生)

▽ 女同士でお出かけしたことをSNSに報告する際に、しきりに「デート」という言葉を使う女の子、いますよね。好きな相手ではなく友達相手なのにデートと表現することに違和感を覚える人も多いもの。なぜデートと表現するのかわからないと感じている人もいるようです。遊んだと言えばいいことを、「デート」と表現し、ラブラブっぷりをアピールする姿にどこか痛々しさを感じることも……。歳を重ねるごとに痛々しさが増すので気をつけたほうがよさそうです。

社会人になっても自称女子

「職場の同僚の女性たちが、しきりに『女子だもんね!』とか『女子会だから男子禁制~!』って言っててなんかイラッとした」(20代後半/男性/IT)

▽ 年齢を重ねるごとに大人の魅力をもち、年相応の振舞いができるようになる人がいる一方で、いつまでも幼稚な言動をし続ける女性もいます。自分のことを大人と認識せずに「女子」と自称し続けることで、可愛らしさや若々しさをアピールしたいのかもしれませんが、それは間違い。幼稚なだけで若々しくはありません。年相応の発言を心がけたほうがよさそうです。

自分のことを名前で呼ぶ

「会社の後輩がインスタで『マミがずっとほしかったアイテムをゲット!』って書いててびっくり。考えてみたら、会議でも『マミはこう思います』って言ってたな……。いつまで続けるのやら」(30代前半/女性/IT)

▽ 一人称が「私」でない女性も痛々しいと思われがちです。小学生ならまだしも、れっきとした大人の女性が自分のことを名前で呼ぶ様子はぶりっこと思われても仕方ありません。ある程度歳を重ねたら「私」と言える女性でありたいもの。大人の女性が自分のことを名前で呼ぶことは、可愛らしい言動ではないのです。

友達とお互いに「可愛い」と褒め合う

「SNSで『今日は可愛い○○ちゃんと会ってきました!』って書いてツイートしてて、それを引用して『○○ちゃんスタイルいいしお洒落で可愛い!』みたいな返信をしたやりとり。傍から見ていて茶番だなって思う」(20代前半/女性/学生)

▽ SNSで友達同士で褒めあうやりとり、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? SNSは公の場、みんなの前でお互いを可愛いと褒めあうのは、茶番のようにも感じます。また、容姿の褒めあいだけをすることは傍からみると褒めてもらいたいがために書いていて、浅い付き合いをしているんだろうなと感じさせてしまうもの。褒めあうのは直接会ったときやLINEだけにしておくほうが無難です。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス