最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小林麻耶「こんなことがあっていいのか」と念願叶う 姪と甥への恩返しが実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【小林麻耶/モデルプレス=1月28日】フリーアナウンサーの小林麻耶が、2月4日放送の特撮「宇宙戦隊キュウレンジャー」(テレビ朝日、毎週日曜あさ9:30~)最終回に出演決定。収録に臨んだ思いを明かした。

◆小林麻耶「こんなことがあっていいのか」



今回の出演は、小林が姪、甥とともに番組のファンであることを知ったスタッフが、「物語のフィナーレを伝える役として、麻耶さんの明るい人柄とアナウンサーとしての経験がぴったり」とオファーしたことで実現。

オファーを受けた小林は「マネージャーさんから聞いたときは、こんなことがあっていいのかというほどうれしくて、古いんですけどホッペをつねってみました(笑)」と快諾。

キュウレンジャーの活躍を伝えるレポーター役での登場が決まった。

◆小林麻耶、姪と甥への恩返し



無事に収録を終えた小林は、改めて「宝物のような時間をプレゼントしてもらいました。ありがとうございました」と感謝。また「キュウレンジャーは大切なものが詰まってる物語」と作品への思いを明かした。

姪と甥のおかげでキュウレンジャーと出会い、「一緒にショーに出かけたり、楽しくダンスを踊ったり」することでかけがえのない笑顔をもらったと言う小林。

今回の出演は、そんな姪と甥への恩返しの機会にもなるそうで、このことは二人にはまだ内緒。「先に言ったほうがいいか、それとも言わないで驚かせようか…」と、悩ましい胸中も語った。

また、「キュウレンジャーはすごく大切なことが詰まっている物語です。諦めないことや、愛と優しさが作品を通して伝わってきました。いろんなことが人生にはあると思いますが、前を向いて、みんなで手を取り合って、一歩一歩進んでいったら、きっと明るい未来が開けるということを、私自身が教えてもらいました。宇宙を救うために頑張っているキュウレンジャーのためにも、地球にいる私たち一人ひとりが周りのご縁を大切にして、素敵な地球を作っていけたらなと思います」とコメント。

キュウレンジャーを愛してきた視聴者の一人として、ファンと共にありたいという思いを寄せている。

◆小林麻耶の「キュウレンジャー」登場シーンは?



小林の出演シーンには12戦士が全員集合。「本当にありがとうございます!」と何度も頭を下げながら現場入りする小林を温かく迎える中、ラストシーンの撮影が始まりまった。

ヒーローを間近にし、「緊張を通り越して大興奮!」だったと振り返る小林だが、撮影中はしっかりと役柄に集中。

本領を発揮し、1回の撮り直しもなくレポーター役をきっちり演じ切っていた。(modelpress編集部)

◆小林麻耶コメント



今回のオファーはまさに青天の霹靂!

マネージャーさんから聞いたときは、こんなことがあっていいのかというほどうれしくて、古いんですけどホッペをつねってみました(笑)。台本を手にしたときは、本当に出演できるんだという感動から震えました。

今日は、緊張を通り越して大興奮!こんなにテンションが上がるのか!?と(笑)。「好き」というパワーって本当にすごいです。

ショーに出かけたり、楽しくダンスしたり…。姪と甥がいたからこそ教えてもらえたことなので、これからも「好き」という気持ちを大切にしていきたいと思います。

今日は本当に宝物のような時間をプレゼントしてもらいました。ありがとうございました。

オンエアは姪、甥と一緒に見たいんですけど、先に言ったほうがいいか、それとも言わないで驚かせようか、悩みます(笑)。

撮影現場は夢のような光景でした。テレビの中の人と同じ空気を吸うなんて!(笑)

みなさん私よりずっとお若いのに本当に優しくて、やっぱり宇宙を救う方達は違うなと思いました。

キュウレンジャーはすごく大切なことが詰まっている物語です。

諦めないことや、愛と優しさ、ロマンが作品を通して伝わってきました。

いろんなことが人生にはあると思いますが、前を向いて、みんなで手を取り合って、一歩一歩進んでいったら、きっと明るい未来が開けるということを、私自身が教えてもらいました。宇宙を救うために頑張っているキュウレンジャーのためにも、地球にいる私たち一人ひとりが周りのご縁を大切にして、素敵な地球を作っていけたらなと思います。

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス