最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

野菜と魚介の旨みが凝縮! シメまでおいしい「トマト鍋」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬は鍋物が美味しい季節。頻繁に鍋をするけど、いつも同じような内容になってしまう…とマンネリを感じている方も多いのでは? そんな時は、ちょっと贅沢なこんなお鍋料理はいかがでしょうか。

顆粒のブイヨンなどは一切使わず、野菜と魚介の旨味だけで仕上げるスープは、本格的でなんともいえない深い味わい。材料は多いけど、難しいことはいっさいナシ! 週末のごちそうごはんにおすすめです。

チーズをたっぷり入れれば、子どもも大喜び! シメはパスタやリゾットがぴったりですよ。

■トマト鍋

調理時間 50分 1人分 378Kcal

レシピ制作 中島和代

<材料 4人分>
タラ 2切れ
カワハギ(鍋用) 1~2尾分
ホタテ(ゆで) 6~8個
エビ 4~6尾
カニ(カニ足鍋用) 小1パック(1パック約220g)
キャベツ 1/4~1/2個
白ネギ 2本
ズッキーニ 1本
パプリカ 2個
エリンギ 1パック
レタス 1個

<野菜スープ>
 水 1200ml
 野菜クズ 適量

<スープ>
 ニンニク 1片
 玉ネギ 1/2個
 セロリ 1本
 赤唐辛子(刻み) 1~2本分
 水煮トマト 2缶(1缶400g入り)
 白ワイン 150ml
 塩コショウ 適量
 トマトピューレ 大さじ4
オリーブ油 大さじ3

<薬味>
 クリームチーズ 適量
 ミルびき岩塩 適量
 粗びきコショウ 適量
 バジル(刻み) 適量
 イタリアンパセリ(刻み) 適量

<下準備>
・<野菜スープ>をとる。鍋に野菜クズ(玉ネギ、ニンジン、キャベツの芯、セロリの葉)と水を入れて強火にかけ、煮立ったら中火にして10分煮てキッチンペーパーでこす。


・生タラは半分に切る。生タラ、カワハギ、ホタテはサッと熱湯に通して臭みを取る。ホタテのワタが気になる方は取り除いて下さい。

・エビは殻と背ワタを取り除き、きれいに水洗いして大きい場合は食べやすい大きさに切る。

・キャベツは芯を取ってザク切りにする。

・白ネギは斜め切りにする。

・ズッキーニは両端を切り落として縦縞に皮をむき、幅1.5cmの輪切りにする。

・パプリカは縦4~6つに切って種とヘタを取る。

・エリンギは幅2cmの輪切りにする。

・レタスは芯を取ってザックリ手で4~6つに裂いて水につけ、パリッとさせてザルに上げ、しっかり水気を切る。

・<スープ>のニンニクは縦半分に切って芽を取り薄切りにする。玉ネギはみじん切りにする。セロリは筋を引いて粗いみじん切りにする。水煮トマト缶がホールの場合は手でつぶしておく。

<作り方>
1、<スープ>を作る。鍋にオリーブ油、ニンニクを入れて中火にかけ、ニンニクの香りが立ってきたら玉ネギ、セロリ、刻み赤唐辛子を炒め合わせ、他の<スープ>の材料を加える。煮立ってきたら<野菜スープ>を加える。


2、食卓に置く鍋にレタス以外の具を並べ入れ、1の<スープ>を加えて蓋をして強火にかける。煮立ってきたら蓋を取って、具に火が通るまで煮る。器にスープごと取り、お好みの<薬味>を添えていただきます。



レタスは食べる分だけ鍋に入れてサッと火を通し、シャッキリ感が残っているくらいに火を通すのがおいしいですよ! ボリュームが足りない方は、ゆでたパスタやジャガイモを加えて下さい。
(KMmama)

外部リンク(E・レシピ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス