披露宴が始まるまでがとにかく長い!マレーシアの中華系ウェディングに参加してみた

Excite Bit コネタ

2018/1/28 08:00



日本の結婚式も世界から見ると独特な文化があるが、マレーシアも日本人の結婚式観からすると変わった部分がたくさんある。多民族国家マレーシアは、中華系、マレー系、インド系とウェディングは民族により風習が異なっていて、おもしろい。

結婚式にたどり着くまで、新郎にさまざまな難問が待ち受ける中華系、家族でおそろいのテーマカラーの服を着るマレー系、そしてエキゾチックな儀式のヒンズー系。その中でも今回は中華系のウェディングについて紹介したい。

結婚式の日取りは風水で決める
中華系では「生まれた時から運命は決まっている」という四柱推命の考えに基づき、フォーチュンテラー(風水師)に新郎新婦とその両親の誕生日を伝え、吉日を導き出してもらう。新郎新婦だけでなくその両親の誕生日も加えるのは、導き出される日が親戚一同に幸運をもたらすと信じられているためだ。

結婚の前夜は新郎新婦が顔を合わることはなく、それぞれの家で家族や友人と集って結婚を祝うビュッフェディナーのパーティーをすることになっている。

とにかくイベントが多い結婚式当日
いよいよ結婚当日の朝。一日はとても長い。

まず新郎は、新郎の友人や親戚など総勢8名ほどで新婦宅に新婦を迎えに行く。なぜ朝からそんなに大人数で迎えに行くのかというと、新郎が新婦に会うまでに、たくさんの関門があるからだ。

新婦宅では、新婦側の親戚が新郎に数々の質問や難題を振りかける。例えば「小麦粉の中に隠されたあめ玉を手を使わずに探す」「ワサビの入ったクッキーを食べる」「苦い漢方のジュースや酸っぱいレモン汁を飲む」「たくさんの目の写真の中から新婦の目を当てて愛を誓う」「家に入るための鍵が隠されている風船を見つける」など、ユーモアに富んだミッションが用意されている。


新郎側の親族一同が団結してそれら難問を全てクリアし部屋に入ると、新婦側の親戚は紅包(アンパオ)というお年玉のような金一封を新郎から受け取る。その金額が満足のいく金額であれば新婦の隠れているドアを開けて、新郎は晴れて新婦と対面することができる。

新郎新婦の対面後もまだまだ儀式は続く
新郎新婦の対面後、二人は結婚指輪を交換し、祖先に敬意を表してお祈りをする。それが終わったら家族写真の撮影。そして新郎は新婦を連れて、派手なリボンで包まれた車で新郎の自宅へ行き、新郎の自宅に着いたら新郎の両親に挨拶する。


新郎の自宅では、新郎と新婦が二人で両親にお茶を差し出し、新婦が新郎の家に迎え入れられたことを示す伝統的な「ティーセレモニー」が行われる(ただし華僑の出身地方によっては献茶をしない家庭もある)。両親からお祝い金とプレゼントが渡され、お昼を食べながら休憩をした後は、夕方からの披露宴だ。

披露宴は時間も服装も自由
披露宴は列席者500人規模の巨大なもので、会場には円卓がいくつも並ぶ。開始時間はあるが、定刻にやってくる招待客はほとんどいない。だいたい1時間から1時間半遅れで始まる。招待客が集まった頃に始まり、自分の都合で適当な時間に各々が帰宅するのが中華系マレーシア流だ。

ご祝儀は披露宴でいただく食事代と同じくらいが相場。高級ホテルなら、それだけご祝儀も多めに包む。新郎新婦との関係性にもよるが、一般的には100リンギット(約2700円)で充分だ。


服装は、新郎新婦よりも目立つ派手な服装でなければ、どんな服を着てきてもいい。ただし、白は葬儀をイメージさせる色なので、白のスーツやワンピースは控える。日本の結婚式のように決まった正装はなく、短パンにスリッパの参列者も見かける。

席次もテーブル番号だけが決まっているだけで、テーブルのどの席に座るかは決められていない。当然、上座は新郎新婦の席だが、両親の席も新郎新婦と同じテーブルに用意されている。最も目立つ席に両親の席が用意されるのは、一族を大切にする文化の現れ。日本の結婚式の場合、新郎新婦と両親・兄弟のテーブルは最も遠くに離れていて、両親・兄弟は下座に配置されるため、この点は大きな違いだ。

豪華な食事も中盤に差し掛かると、新郎新婦が各テーブルを回り始める。キャンドルサービスかと思いきや、 乾杯。掛け声は「ヤーム、セイ!」と言い、「ヤーム」の部分をなるべく長く言うのがポイント。そして一気飲み。会場の盛り上がりは最高潮になる。


それほど親密でない人も招待
招待客の中には、新郎新婦と初対面の人もたくさんいる。親戚の友人、近所の人など新郎新婦とそれほど親密でない人たちも参加する。大切なのは、周りの招待客の人たちとのおしゃべりと、料理を楽しむ気持ち。食事を進んで皿に取り分けてくれたり、何度断っても食べ物を勧められたり、マレーシア人の優しさが表れている。

マレーシアの結婚式は日本で増えている地味婚・少人数婚とは対照的だ。長時間の結婚式、多い参列者、一族を重んじる考え方は、アジア圏だけでなく世界中で活躍している中華系民族のエネルギーを感じられる。来るものを拒まず、招待客も新郎新婦も等身大で楽しめる結婚式が、中華系マレーシア人流の祝い方なのだ。
(さっきー)

あなたにおすすめ