【テレビの開拓者たち / 蜜谷浩弥】ダウンタウン、桑田佳祐ら、天才たちから学んだ“ゼロからのもの作り”の精神

ザテレビジョン

2018/1/28 07:00

フジテレビに入社後、「笑う犬」シリーズ(1998~2003年)をはじめ、「ネプリーグ」(2003年~)、「井の中のカワズ君」(2005~2006年)など、数多くの人気番組に携わってきた蜜谷浩弥氏。長年にわたりバラエティー畑で仕事をしている彼は、一体どんな風に笑いと向き合いながら番組を作っているのか。また、「桑田佳祐の音楽寅さん」(第2期/2009年)や「ダウンタウンなう」(2015年~)など、“天才”たちとともに番組を作る中で学んだこと、さらに、1月からレギュラー番組として待望の復活を遂げる「ジャンクSPORTS」の見どころも語ってくれた。

■ お笑いに関して何も知らなかったので、それがずっとコンプレックスでした

――蜜谷さんはもともと、お笑いに興味があったんでしょうか?

「いえ、子供のころは、お笑い番組は全く見ていませんでした。大学生になってからも、卒業したら官僚になって、いずれ地元に帰って政治家になろうかなと考えていたので、テレビはほとんど見ていなかったんですよ。でも、官僚の試験対策で『民間の企業も受けた方がいいよ』と勧められて。じゃあ一番早く就職試験が行われるところで練習しようと思って、フジテレビのアナウンサー試験を受けたんです。もちろん落ちたんですけど、『アナウンサーより制作が向いてるんじゃない?』と人事の方に言われたことがきっかけで、興味が出てきたんですよね。お笑いには興味はありませんでしたが、そもそも、もの作りというか、ゼロから何かを生み出すことに興味はあったんだと思います」

――入社後、バラエティー班に配属された経緯は?

「学生のころは音楽が好きで曲を作ったりしていたので、音楽番組を志望していたんです。だから、『「HEY! HEY! HEY! (MUSIC CHAMP)」(1994年)に行きたいな』なんて漠然と思っていたら、ある日突然、当時の部長から『おまえがずっとやりたいって言ってたお笑い番組につけてやったぞ』って言われて。僕、お笑いをやりたいなんて一回も言ったことないんですよ。完全に誰かと勘違いしてたんだと思うんですけど(笑)。それで結局、『笑う犬』の制作班に配属になったわけです」

――お笑い番組の制作班ということで、戸惑いはありましたか?

「とにかく周りが全員、根っからのお笑い好きなんです。僕はお笑いに関しては完全に門外漢で、何も知らなかったので、それがずっとコンプレックスでしたね。そこで、ADの仕事の合間を縫って、当時開催されているお笑いライブはできるだけ見に行きましたし、芸人さんの番組はテレビもラジオも全部チェックして。他のお笑い番組の台本を読んで研究したり、『笑っていいとも!』(1982~2014年)の現場にこっそり見学に行ったこともありました。ディレクターになってからも、そういった勉強はしばらく続けてましたね。あと、芸人さんとたくさん会って話をしたり」

――そうして勉強を続けていく中で、気付きや発見はありましたか?

「お笑い番組にも、いろんな形があるんだなということですね。ネタ番組というのは、芸人さんたちが考えてきた面白いことを、視聴者に伝わりやすいものにするために、僕らスタッフが環境を整えてあげる。スタッフワークとしては、スポーツ中継の番組を作るのに近いと思います。一方、コント番組は、ドラマを作るようなイメージですね。スタッフ側が考えて用意した枠組みの中で、演者である芸人さんのアドリブも生かしながら、面白いものにしていく、という」

――ご自分では、どちらが向いていると思われますか?

「どっちも好きなんですけど、最初にADとしてついた番組が『笑う犬』だったこともあって、コント番組を作る楽しさはやっぱり格別だなと思いますね」

■ 桑田佳祐さんが『俺、まだまだ売れたいんだよね』って。感動してしまいました

――では、これまで手掛けてこられたコント番組の中で、特に思い出深い番組は?

「真っ当なコント番組ではないんですけど、『環境野郎Dチーム』(2007年)は、かなり思い入れがありますね。伊吹吾郎さんをはじめ、団塊の世代の俳優さんが環境問題を論じ合うという、番組そのものが一本の長尺のコントのような構成で。毎回女性ゲストが登場して、そこで初めて伊吹さんたちのでたらめなやりとりを聞くんですけど、その素のリアクションも含めて笑いになっている。まじめな環境番組という体裁を取りながら実はふざけてるという、今で言うと『全力!脱力タイムズ』(フジ系)みたいな面白さを狙った番組ですね。当時は、コント番組にとって冬の時代だったので、上司に『環境番組をやります』とウソをついて始めました(笑)。ほとんど誰も知らないと思いますし、コントなのか何なのか分からないまま見ていた方も多いと思うんですけど(笑)、今でもバカリズムさんが『あれは面白かったですよね』と言ってくださる伝説の番組です(笑)。

で、この『環境野郎』でコントっぽいことをやったので、ちょっと違うタイプの番組をやりたいなと思ったタイミングで始まったのが、『桑田佳祐の音楽寅さん』。思い入れという意味では、今までやってきた中で、これが一番楽しくて、一番辛かった番組です(笑)」

――桑田佳祐さんの音楽的なアイデアがいっぱい詰まった画期的な番組でしたね。それだけに、苦労も多かったのでは?

「桑田さんはアーティストですから、もの作りのスタンスが我々とは違うんです。桑田さんは普段、1枚のアルバムを時には何年もかけて作っているわけですけど、僕らテレビマンは、週に1回必ずオンエアしないといけないという条件の中で番組を作っている。ところが桑田さんは、毎週放送する番組を作るのに、アルバム1枚分の情熱を注ぐ人なんです。細かなところにも徹底的にこだわり抜いて、ぎりぎりまで粘って、よりクオリティの高いものを目指す。収録の1週間前になっても何も企画が決まっていない、なんてこともよくありましたね。

そんな中で忘れられないのは、後にCDにもなった『声に出して歌いたい日本文学〈Medley〉』(※ベストアルバム『I LOVE YOU -now & forever-』などに収録)。ある日、会議の中で『太宰治の「人間失格」や夏目漱石の「吾輩は猫である」といった名作文学に曲をつける』というアイデアが出てきたんですけど、そのためには桑田さんに曲を書きおろしてもらわないといけない。それはさすがに時間的に難しいので、『童謡の歌詞の一部を変える』という代案を考えて、桑田さんにプレゼンしたんですね。そうしたら、桑田さんから『本当にこれが面白いと思ってる?』と言われて。あまりにも図星な質問だったので、思い切って『実は本当にやりたいのは、こっちなんです』と、『声に出して歌いたい日本文学』の企画を話したら、『よし、そっちにしよう』と。そして、数日後にレコーディングスタジオに行ったら、既にもう10曲ぐらいできていて、レコーディングも半分終わってたんですよ。しかも、当たり前ですけど、全部の曲がものすごいクオリティの高さで」

――鳥肌もののエピソードですね!

「後になって桑田さんに、なぜ毎回、自分にプレッシャーがかかるようなオファーを受けてくれたのか聞いたんですけど、『若いヤツに「これがやりたいです」と頼まれたら、「できない」って言いたくないんだよ』って。何てかっこいい人なんだろうと思いましたね。

そういえば、番組が始まる前に、一度聞いたことがあるんです。『桑田さんほどのアーティストが、どうして今さらバラエティー番組をやろうと思ったんですか?』って。そうしたら、『俺、まだまだ売れたいんだよね』っておっしゃったんですよ。おそらく、ご本人は覚えてらっしゃらないと思うんですけど、その言葉を聞いて、すごく感動してしまって。この人のために一生懸命やろうと覚悟を決めた瞬間でしたね」

■ いつかまたコント番組をやりたいし、大爆笑できるドラマを作ってみたいという夢もあります

――ビッグネームということで言えば、ダウンタウンさんの番組も数多く手掛けていらっしゃいますね。現在プロデューサーを務める「ダウンタウンなう」は、「本音でハシゴ酒」をメイン企画に据えて以降、安定した人気を誇っています。

「初めてご一緒した『爆笑 大日本アカン警察』(2011~2013年)のときは、“ゼロから何かを作りたい”気持ちが強い時期で、自分が作ったVTRでダウンタウンさんを笑わせたいという意識で番組に臨んでいたんです。でもあるとき、お二人の面白さを引き出すためには、自由にしゃべっていただくのが一番なんだと気付いて。自分は今まで、何ておこがましいことを考えていたのかと(笑)。『ダウンタウンなう』の『ハシゴ酒』も、そうした考え方から生まれた企画です。お酒が入ることによって、意外な本音が飛び出すんですよね。松本(人志)さんがずっと綾小路きみまろさんをリスペクトしていたことや、菅田将暉くんが初対面で号泣するほどダウンタウンさんの大ファンだったということは、僕らスタッフも現場で初めて知りましたから。そういう、スタッフが作ろうと思って作れるものではない“予定不調和”が、『ダウンタウンなう』という番組独自の面白さにつながっているのかなと思います」

――そして1月28日(日)からは、浜田雅功さんがMCを務めるスポーツバラエティー「ジャンクSPORTS」が、約8年ぶりにレギュラー番組として再始動します。チーフプロデューサーとして、どんな番組作りを目指していますか?

「初回の3時間SPでは、ゲストのアスリートの皆さんに、『ウォールダッシュ』や『グルグルフラッグ』といったゲームに挑戦していただくんですが、“浜田(雅功)さんが仕切るアスリートのひな壇トーク”という従来のスタイルは踏襲しつつ、こうしたゲーム企画を通じて、アスリートの真の“凄さ”を伝えることがこの番組の使命だと考えています。スポーツの中継番組を見ているだけでは分からない、アスリートたちの素顔や交遊関係が垣間見える番組にしたいですね。浜田さんも、番組のスタートにあたって、『前よりも動く』と意気込みを語ってくださっているので(笑)、ロケ企画などでたくさん汗をかいていただこうと思っています」

――2020年の東京オリンピックに向けて盛り上がっていきそうですね。

「東京オリンピックの開催が決まったとき、有名人の方々がいろんな公約を出していたんですが、浜田さんも、『開会式で面白く見切れたい』と宣言されていたんですよ(笑)。ぜひ『ジャンクSPORTS』の企画として実行してもらおうと今、画策しています」

――(笑)。では最後に、蜜谷さんのテレビマンとしての今後の目標をお教えください。

「今はいろいろなメディアがありますけど、どんなメディアであれ、超面白いものを作りさえすれば、みなさん必ず見てくれると思うんですよ。テレビだからどうとか、ネットの番組だからどうとかではなく。ですから、ネットで検索しても出てこない、他のどこでも見ることができない、自分にしか作れないものを作りたいですね。それと、“ゼロからのもの作り”の精神は大切にしたい。機会があれば、またコント番組をやりたいですし、いつか大爆笑できるドラマを作ってみたいという夢もあります」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135497/

あなたにおすすめ