最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

好きな人へのアピールに! “あざとくなりすぎない”「自然なボディタッチ術」4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性は触れば喜ぶ!それって本当?

相手が恋愛経験のない男性だったらともかく、それなりに経験を積んでいる場合、おそらく「あざとい」要素はお見通しです。

しかも、ベタベタ触ると、ちょっと「上品な女性」から遠ざかっているような…。

あくまでも、相手をドキっとさせる程度にお触りしたいですよね。

今回は、男性の心をぐっと掴むボディタッチ術をご紹介します。

■NGなボディタッチしていない?

自然なボディタッチをご紹介する前に、まずはNG例からご紹介しておきましょう。

一番あざとく感じやすいのは、テーブルの下で足を絡めたり、膝に手を置いたりするケース。いかにも、という感じがしますが、男性ウケはあまりよろしくありません。

ある程度までお付き合いが深まっている状態ならともかく、最初からこういったボディタッチをすると、相手はドン引き状態。いくら美人な女性であっても、NGなボディタッチです。

むしろ、そんなレベルで落ちた男性と付き合ったところで、おそらくそこまで月日が経たないうちに、同じようなボディタッチをされて、他の女性へと移っていくでしょう。NGなボディタッチをいつまでも自分の武器としないように!

■手相の話題を出して自然とお触り

ほんの少しだけ、まだあざとい部分が残るかもしれませんが、自然な流れで彼にボディタッチをしたい場合、一番きっかけを掴みやすいのは「手相」の話題です。

今までの会話の流れを無視しないように、手相の話題を出し、お互いの手を見る流れへと変えてみましょう。「どれどれ?」と、自然と手に触れると、お互いにドキっとした状態に。先ほどのNGボディタッチ例より、可愛さが残ります。そしてお色気ムンムンというよりかは、どこか甘酸っぱさを感じるボディタッチの方法です。

ただし、同じ人に対して使えるのは一回限り。何回も同じ作戦でいくと、こちらが意図していることが相手に伝わってしまいます。

■お手洗いから帰ってきたら肩をポンポン

お付き合いする前の二人でも、カップルでも自然な流れでできるボディタッチといえば、お手洗いから帰ってきたときに「戻ったよ」と、彼の肩をポンポンと叩きながらお知らせすること。

街に出たときに観察してみると分かりますが、彼のことを巧みに操っていそうな女性ほど、必ず自然な流れで彼にお触りしています。彼もベタベタと触られるより、ちょこっと触れられた方がドキドキするはず。

またエスカレーターやエレベーターのように、ボディタッチをすると、ちょっと上品さが欠けますが、お手洗いから帰ってきたタイミングなら話は別。実際に行動に移してみると、とても自然なボディタッチだと気づけます。

お手洗いから帰ってきたときは、必ず彼にワンタッチ。頻度も考えつつ、お触りするタイミングをつくってみて。

■写真を撮って彼にくっつく!

お付き合いする前の二人は、とても微妙な関係。まさに、友達以上恋人未満の状態です。そんな中でボディタッチをするのは、実はかなり難しい!

そこでおすすめなのが、写真を撮ろうと提案して彼にくっつくことです。お互いに「好き」という感情があれば、写真を撮るとなったときに密着した状態になります。顔をすり寄せるほどではなくても、歩いているときよりは、密着できるのです。

お互いに恋愛経験を積んでいる場合、写真を撮るとなれば、それをきっかけに距離を縮めて、密着できる可能性は高くなります。彼にくっついて安心しているうちに、彼からハグをされるかも!?

■「まつ毛ついてるよ」と顔を近づける

これまたちょっとだけあざとい思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自然な流れでボディタッチをするなら、彼の顔を確認して、まつ毛やゴミをとってあげると、より二人の距離を縮められるかもしれません。

「こっち向いてみて?」と言われたら、彼もさすがに緊張するでしょう。女性の顔が近づいてきたら、もうドキドキ状態。ポイントとしては、彼より身長が低い女性の場合は、彼の顔を上目遣いで覗き込むかたちになるので、彼からすると、胸キュンポイントがかなり高いのです。

膝に手を置く、脚を絡める、などのように「いやらしさ」もなく、胸キュンさせられるボディタッチといえます。



男性の心をぐっと掴むためには、自然な流れで何事もなく振る舞うことがポイント。

あくまでも「あざとい」部分を見せないように、ナチュラルにドキッとさせてみて。


外部リンク(ウレぴあ総研)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス