最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

NMB48吉田朱里 グループを作り直す気概「さや姉と一緒にどうにかしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
27日放送の「AKB48 SHOW!」(NHK BSプレミアム)の「横山総監督のはんなり相談室」にNMB48の”アカリン”こと吉田朱里が登場した。
横山が「いまユーチューバ―として頑張ってる姿が私はもうすごい嬉しいし、アカリンの力でのぼってきた感じがして」と称賛すると、吉田も「NMB48兼任してる時に、”さや姉の重荷のリュック半分持つよ”って言ってくれて、そのあとすぐ兼任外れたんですけど(笑)。それだけNMB48のことを思って一緒に頑張ってくれてた人が、グループの総監督をやってるというのは、いつもメンバーと”ゆいはんガンバってるなー”って言ってる」とエールを贈り合った。
akari
Youtubeにメイク動画を上げたきっかけや、苦労、モチベーションの持ち方などを話した吉田。もともとモデルの仕事をしたかった吉田をNMB48のオーディションがあると薦めたのは母親だったという。「やっぱりグループに入っちゃうと、総選挙とか、握手会人気とか気にしちゃって、ここで1番取ることばっかり考えていて、モデルになりたい自分とかどっか行ってたけど、こうやって新しいことを初めて、最近はファッション誌や、スタイルブックも出させてもらって、母が”見たかったんこれやわ”って言ってたのが印象的やった」と親孝行が出来ている現状に嬉しそうに笑顔を見せた。
「48メンバーにとって刺激になった」と横山。吉田は「そうなっていたらすごく嬉しいけど、よく若い子に”武器ってどうやっったら見つかりますか?”とか”自分のキャラとかどうやったらいいですか?”とか言われるけど、散々悩んで迷って、7年NMB48にいて、5年め、6年めで見つけたので、難しいかなあって思う。私はもともと好きやったことが形になってるから、無理は良くないと思う」と本音を語った。
さらに最近の卒業がつづく状況について「1期生やからこそ、昔私たちが見ていた景色を、今の子とそういう感情とかになりたいから、1からじゃないけど、(NMB48を)作り直す気持ちでやっていきたいなと思う。さや姉(山本彩)を近くで見てるから一緒にどうにかしたいっていうのはすごくある」と話すと、横山もしみじみ「それ分かるわ、それは私もそう」と同意した。
ⓒNMB48
写真:吉田朱里公式Twitter(@_yoshida_akari)から引用

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス