『CINEMA FIGHTERS』舞台挨拶に岩田剛典、桜庭ななみらが登壇 岩田が”本気で照れた”サプライズとは

SPICE

2018/1/27 20:55


EXILE TRIBEとショートショート フィルムフェスティバル&アジアによるコラボ企画『CINEMA FIGHTERS』の公開を記念して、1月27日(土)に、落合賢監督、岩田剛典、桜庭ななみが登壇し舞台挨拶が行われた。

登壇した3名は、6つのショートフィルムから成る本作の1編『SWAN SONG』に携わっている。トークセッションでは、今回の企画への参加したことについて岩田は「ショートフィルムの短い尺だからこそある、集中して観れる感覚など色々な魅力が詰まったプロジェクトで、このプロジェクトに参加させて頂いたことはとても嬉しかったです」と語ると、共演の桜庭は「6編とも、とても魅力的な作品ばかりで観終わった後の感想が止まらない作品でした。なので今日、こんなに多くの皆さんに観て頂けてとても嬉しいです」とコメント。また撮影時のエピソードとして桜庭が「監督から台本にないサプライズを入れて欲しいと言われ緊張しました」と語ると岩田は「あの台本になかった手袋を外すシーン!本気で照れちゃいました」とはにかみながら語り、場内から笑い声が沸き起こる場面も。

岩田は本作のプロジェクトについて「今回の企画は自分たちLDHとしても初めての試みで、僕自身もショートフィルムに出演するのは初めてでした。いよいよ公開を迎えましたが、ひとりでも多くの人に届けばいいなと思っています。『CINEMA FIGHTERS』の第二弾も作られますので、そちらも是非注目してください!」と本作をPRし大歓声のなか舞台挨拶は幕を閉じた。

――公開を迎えた今の気持ちは?

落合賢監督:小説には短編のアンソロジーというものがありますが、ショートフィルムを6作品合わせるというのは、なかなかない企画です。まるでワインのテイスティングのように楽しめる作品になりました。実は映画は長く作る方が簡単だったりして、ひとつひとつのエッセンスを選ぶのは大変でした。

岩田剛典:今回の企画は自分たちLDHとしても初めての試みで、僕自身もショートフィルムに出演するのは初めてでした。ショートフィルムの短い尺だからこそある、集中して観れる感覚など色々な魅力が詰まったプロジェクトで、このプロジェクトに参加させて頂いたことはとても嬉しかったです。こういう機会があったらまた参加したいと思います。

桜庭ななみ:この『CINEMA FIGHTERS』は6編とも、とても魅力的な作品ばかりで観終わった後の感想が止まらない作品でした。私も初めて観させて頂いた後、事務所の方とずっと感想を言い合っていました。なので今日、こんなに多くの皆さんに観て頂けてとても嬉しいです。

――撮影にあたってインスパイアを受けたものは?

落合賢監督:「Heavenly White」という曲の、小竹正人さんの歌詞が素晴らしく、サビの「もう会えない もう会わないから 永遠に僕を許さなくていい でもあなたが今この空の下で 誰より幸せなこと 願っているよ」という部分がこの作品の根幹でした。「記憶の隙間に今でもあなたは降り積もってる」というところも好きで、世界の終わりのなかアサヒが片思いの彼女を探すさまを描きたいと思いました。あとは冒頭の「かするよなKissを 交わすたびにあなたは」というところが、かするよなKissってどんなKissだ?と気になっていました(笑)。

――撮影にあたって相談されたことは?

岩田剛典:監督からは「世紀末を舞台にしているけれど、世紀末のデートなんだ」と言われました。アサヒがある女性と出会って、ソリで滑り降りるのシーンやデパートのシーンなどは、普通のシチュエーションなら普通のデートなんだと。すごくベタな恋愛を、この世紀末というシチュエーションでやればどうなのかということを相談させて頂きました。
タイトルである『SWAN SONG』は、白鳥の死ぬ前の鳴き声という意味があって、世紀末の終焉に盛り上がるというロマンチックな物語になっています。監督は普段はLA在住なのでそこで感性を磨いているのかなと思いました。

桜庭ななみ:クランクインする前日に「サプライズを入れて欲しい」と言われました。台本にないセリフを本番だけ入れて欲しいと。そこで手袋を外すシーンがあるのですが、すごく緊張していたので、そこは本番前に何回もひとりで練習しました。監督からは岩田さんにもサプライズを頼んでいると聞いていたので、岩田さんからはどんなサプライズが来るのか、ドキドキしながら待ち構えていました。

――自身の役を演じるにあたって意識したことは?

岩田剛典:脚本も監督が書かれているということもあって、この映画の設計図は監督の頭の中にあるので監督についていこうと決めていました。短い尺なのでストーリーに起伏を作るのは大変ですが、監督が組み立ててくださったので、それを信じようと思いました。

桜庭ななみ:ウミには最後、自分しか知らない事実があったのですが、その前のシーンでも頭の中では、そのことを意識しながら演じていました。数日間、家を開けるというシーンなどは、自分に余計な情報を入れないように現場を見ないようにと注意していました。

――撮影時の面白エピソードを教えてください。

岩田剛典:机をソリにして滑り降りるシーンはとてもスリリングで、めちゃくちゃ怖かったです。ただシーンとしては楽しいシーンなので、予想以上に怖くて素の自分が出そうになって危なかったです(笑)。

桜庭ななみ:ソリのシーンはあまり乗り心地が良くなかったです(笑)。ソリに乗って叫んでいるシーンはアフレコで声を入れていて、撮影した後に「ああああああああ!」と監督も一緒に叫んでいて、何をしてるんだろうと面白かったです(笑)。

――お気に入りのシーンを教えてください。

岩田剛典:僕はもう、桜庭さんが手袋を外して手を差し出してくるシーンです。あの手袋を外すのは桜庭さんのアドリブで台本にはなく、いきなりやられて本気で照れちゃいました。それが一発でOKが出て、完成した作品を見るまで、あの時の表情は大丈夫かなと心配していました(笑)。

桜庭ななみ:机をソリにして滑り降りるシーンがすごく好きです。
一週間後にどうなるかわからない、ふたりの人生がこの後どうなるのかというところでも、心から楽しんでいる、素敵なシーンでした。

落合賢監督:どのシーンも印象深いですが、岩ちゃんがスコップで穴を掘って、地下道に入ってギターを入れる冒頭のシーンは、撮影がとても大変なシーンでボランティアの方々も一緒に入ってくださり、みんなで協力して撮影したのが印象的でした。

――最後に一言、ご挨拶をいただけますか。

桜庭ななみ:今日は本当にありがとうございました。
ショートフィルムだからこそ、このストーリーの後ふたりはどうなるかというのを、観て下さった皆さんがどう考えるかによって完成します。どうかご家族、ご友人、恋人の方と一緒にみて、感想を話して、皆さんの中での完成を見つけてください。

落合賢監督:本日は本当にありがとうございました。ショートフィルムはまだまだ認知度を上げるのがチャレンジングな部分があります。皆さんの力をお借りして、今日観て頂いたご自分の気持ちを綴って頂きたいです。宜しくお願い致します。

岩田剛典:本日は寒い中、本当にありがとうございました。いよいよ公開を迎えましたが、ひとりでも多くの人に届けばいいなと思っています。『CINEMA FIGHTERS』の第二弾も作られますので、そちらも是非注目してください!
『CINEMA FIGHTERS』公開記念舞台挨拶
日 程:1月27日(土)10:00の回
場 所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SC7(東京都港区六本木6丁目10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
登壇者:『SWAN SONG』より 落合賢監督、岩田剛典、桜庭ななみ

作品情報 『CINEMA FIGHTERS』 監督:河瀨直美(『パラレルワールド』)、A.T.(『キモチラボの解法』)、 萩原健太郎(『Snowman』)、齋藤俊道(『色のない洋服店』)、 常盤司郎(『終着の場所』)、 落合賢(『SWAN SONG』) 上映時間:94分(全6作品) 配給:LDH PICTURES
『キモチラボの解法』 作品時間:約15分 監督:A.T.  楽曲:Flower「白雪姫」 キャスト:AKIRA、小林喜日、駒井蓮、水崎綾女 【あらすじ】 キモチラボ。そこは人々の感情を解放するクリニック。エキスを操る天才ブレンダーのマイスター。訳あって彼の助手を務めるシュンは、ある日訪れた無表情の美少女・リンに一目惚れ。マイスターの手引きの元、何とか彼女の笑顔を引き出そうと悪戦苦闘するが、シュンはリンの秘密を知ってしまい……。 『Snowman』 作品時間:約16分 監督:萩原健太郎  楽曲:E-girls「Mr.Snowman」 キャスト:倍賞美津子、鈴木伸之、藤井美菜、村井國夫 【あらすじ】  今とはほど遠くない近未来。ロクと深雪は深い愛で結ばれた20代の夫婦。不治の病に罹ったロクをコールドスリープカプセルで冷凍保存し、新薬の開発を待つことを決意する深雪。10年後には治療薬が開発されるという主治医の言葉を信じて。しかし目覚めたロクの目に飛び込んだのは、年老いた深雪の姿だった。50年間待ち続けた妻と、50年待たせてしまった夫。二人の長い愛情の軌跡を描いたSFラブストーリー。 『色のない洋服店』 作品時間:約12分 監督:齋藤俊道  楽曲:Dream Ami「ドレスを脱いだシンデレラ」 キャスト:Dream Ami、鹿賀丈史 【あらすじ】  真っ黒な服に真っ黒な食べ物...。色を失ってしまった世界で、小さな洋服屋を営む女性、由衣(Dream Ami)。店には黒い服だけを置いているが、由衣は秘密の仕事部屋で、人知れず自分の好きなカラフルな洋服を作っている。謎の放浪画家(鹿賀丈史)との出会いをきっかけに、由衣は外の世界に向かって、それまで隠してきたありのままの自分の「色」を表現しようと試みる。 『終着の場所』 作品時間:約20分 監督:常盤司郎  楽曲:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「花火」 キャスト:町田啓太、玄理(ヒョンリ)、柳英里紗、古舘寛治 【あらすじ】 遠く離れた場所から互いを想っていたはずの二人は、ある冬の日、待ち合わせの場所に向かうため列車に乗り込んだ。その旅の途中、不意に彼女から告白めいたメールが届き、それきり連絡が途絶えてしまう。「私、あなたに話したいことがある」そのメールに込められた意味とは……。ずっと出会うことのない登場人物たちのモノローグで綴られる、男女の心の奥底を問う、痛く儚い愛の物語。 『SWAN SONG』 作品時間:約17分 監督:落合賢  楽曲:EXILE「Heavenly White」 キャスト:岩田剛典、桜庭ななみ 【あらすじ】 未曾有の大寒波“ディープフリーズ”に襲われ、終焉を間近にした地球。名前も知らない女性に恋をしたギタリストのアサヒは、氷河期を迎えた東京を彷徨っていた。その人の為に作ったスワンソング(人生最期の曲)を聴いてもらうために。何の当てもなく無謀としか思えない旅だったが、ついに探している女性の親友・ウミと巡り会う。アサヒの想いを届けるため、二人は深い雪に覆われた無人の街を、一歩ずつ進んでいく。 ムビチケ特典情報 ・ムビチケ 発売開始日:11月11日(土) 劇場用特典:オリジナル・クリアファイル ※全6種類をランダム。数量限定。 ・EXILE TRIBE STATION 限定グッズ付き ムビチケ 発売開始日:12月(予定) ※限定グッズ内容については、本HPにて後日詳細発表いたします。 ・Loppi【ローソン/ミニストップ】限定グッズ(引換券)付き ムビチケコンビニ券 発売開始日:12月(予定) ※ムビチケコンビニ券についてはこちらをご確認ください。 ※限定グッズ内容については、本HPにて後日詳細発表いたします。 【ムビチケ購入者連動企画】 上記のいずれかのムビチケ購入者特典として、初日以降に実施する舞台挨拶イベントに抽選でご招待 詳しくは11月11日以降、映画公式HPまたムビチケHPにて応募方法をご確認下さい CINEMA FIGHTERS公式サイト:http://shortshorts.org/2016/cinemafighters/
(C)2017 CINEMA FIGHTERS

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス