【沖縄カスタムカーショー2018】アメリカンはジャパニーズがお好き? Yナンバーの国産旧車&チューンドカー

clicccar

2018/1/27 20:25


沖縄に限りませんが、YまたはEナンバーの車両が走っていることがあります。一般的な車両のナンバーのひらがな部分が「Y」や「E」になっているものです。

これは特に沖縄ではよく見かけますが、日本駐留軍人さんが使用(所有)する車両に付けられるナンバーのようです。

つまり、Y(E)ナンバーのクルマを見ると、日本駐留のアメリカ人のクルマの好みがわかるってものです。

沖縄カスタムカーショー2018にも、そういった現地のオーナーカーが展示されています。

例えばこの510ブルーバード。アメリカでもDATSUNブランドで初めて成功した日本車とも言われ、今でも人気の高いモデルです。レースでも活躍し、人気を博していました。

そして、ピックアップトラックのダットサン・トラック。いわゆるダットラです。

こちらはレースで活躍した歴史はないと思いますが、510に準ずるようなノリで仕上げています。

ライフルの銃弾を思わせるホイールナットは、回転すればたちまち大根おろしができてしまいそうです。

そして、かつての80~90年代車両をベースにしたいわゆるチューンドもお好みのようです。

教科書通りのようなFD3S RX-7、JZX100チェイサー、S13シルビアと並んでおります。

どれもエンジン、足回りと一通りやっているというイメージです。S15シルビアもございました。

80スープラ、GT-Rも外せないといったところでしょうか?

旧車系は左ハンドルが多く、わざわざ自国から持ってきたようです。日本車のことを好きになってくれるって嬉しく思いますね。

では、アメ車はないのか?というと、オーナーさんが不在でよくわからなかったのですが、グッドコンディションのコルベット・スティングレーは展示されています。

For Saleで460万円です。状態からして、かなりお買い得なんじゃないでしょうかね?

こうした、オーナーカーが見られるのも沖縄カスタムカーショーの魅力だと言えそうです。

(clicccar編集長 小林 和久)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス