フェラーリ 東京の正規ディーラーが「グローバル・トップ・ディーラー・オブ・ザ・イヤー 2016」を受賞

オートプルーブ

2018/1/27 19:00

フェラーリは2018年1月18日、2017年における全世界の正規ディーラー・ネットワークを対象とした年次総会を開催した。そこでは世界62の地域に広がる186のフェラーリ正規ディーラー・ネットワークの中から、2016年に最も活躍したディーラーを選出し表彰したのだが、最高峰の賞である「グローバル・ トップ・ディーラー・オブ・ザ・イヤー 2016」を受賞するという快挙を成し遂げたのは、東京のフェラーリ正規ディーラー、ロッソ・スクーデリア(東京・六本木)だった。

ーーロッソ・スクーデリア、ジェネラル・マネージャーの松原 隆文氏は受賞にあたり、「世界各国の正規ディーラーの中で最高峰の賞となる、グローバル・トップ・ディーラー・オブ・ザ・イヤー 2016 のような名誉ある賞を受賞でき、大変光栄に思っております。また、これを機に今後も最高のサービスとフェラーリ・ディーラーとしてブランド・エ クスペリエンスをお客様へご提供できるよう、邁進してまいりたいと思います」とコメントした。

グローバル・トップ・ディーラー・オブ・ザ・イヤー 2016は、年間を通してセールス、マーケティング、およびアフターセールス活動において最も優秀な成績をおさめ たディーラーに贈られるもの。特別な記念品として、F1-2000のレプリカ版が、フェラーリ会長兼CEOのセルジオ・マルキオンネ、フェラーリ副会長のピエロ・フェラーリおよび、フェラーリ チーフマーケティング&コマーシャルオフィサーのエンリコ・ガリエラより贈呈された。

ーーフェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長リノ・デパオリは、「ロッソ・スクーデリアのセールス、マーケティングおよびアフターセールス活動が、全世界のフェラーリ・ネットワークの中で最も優秀と評価されたことを、我々フェラーリ・ジャパン・チーム 一同とても誇りに思います。私たちは、あらゆる面で常に最上級を目指しており、今回の受賞は、私たちのお客様がこの地域における最高のカスタマー・ケア、そしてブランド・エクスペリエンスをご享受頂いていることの証になりました」と述べた。

ロッソ・スクーデリアは2009年、日本で初となるフェラーリのモノブランド・ディーラーとしてビジネスを開始。2014年に東京のラグジュアリー・エリアである六本木に、延床面積1468.27平方メートルを有するショールームをグランド・オープンした。

アジアの正規ディーラーの中で最も広いフロア面積を誇る5階建てのショールームは、フェラーリのクラフトマンシップを堪能できるパーソナライゼーション・エリアに加え、美しいカスタマー・ラウンジを設けてあり、最先端のフェラーリ・ブランドを体験し、楽しめるよう、広いスペースを最大限に活用した施設となっている。また、3階はフェラーリ認定中古車専用のフロアとなっていて、選び抜かれたフェラーリの認定中古車のラインアップが展示されている。

あなたにおすすめ