“大麻密輸”黒人バスケ選手の逮捕と同時期に姿を消した「追っかけ女性」をめぐるミステリー

日刊サイゾー

2018/1/27 18:00


 大麻密輸で逮捕されたアメリカ人プロバスケットボール選手の影響なのか、所属していたBリーグ・レバンガ北海道の追っかけ女性ファンが音信不通になっているという。同じファン仲間が「逮捕報道後、連絡が取れなくなった」と言っているのだ。

昨年、レバンガに加入していたグレゴリー・ウィッティントンは、乾燥大麻7.5グラム(約4万円相当)をアメリカから輸入した大麻取締法違反の疑いで、23日に逮捕された。チームは逮捕当日に当人と協議の上、契約を解除。その日から、熱心な追っかけファンだった女性が姿を消しているのだという。

LINEで7人の追っかけファングループを作っていたんですが、ウィッティントン推しの女性ひとりだけ、彼の逮捕以降、一度も応答がないんです」

そんな事態を打ち明けたのは、レバンガファンの30代女性だ。彼女自身は別の選手の追っかけだが、同じチームのファンとして、ウィッティントンを追っていた女性ファンAさんとも親しくしていたという。Aさんと最後に会ったのは、1月20・21日に川崎ブレイブサンダースとの2連戦が行われた試合会場、札幌・北海きたえーるだったという。

「いつもと同じように、一緒になって応援しました。20日は試合後に選手の出待ちをして、ウィッティントンとも会っています。翌日は試合に負けたので出待ちはせず、その場で解散したんですが、Aさんはウィッティントン本人と連絡を取り合う仲だったので、『あとで応援のメッセージを送っておく』なんて言ってたんですけどね」(同)

しかし、同27・28日、栃木県宇都宮市で開催の栃木ブレックス戦を前に、Aさんと連絡が途絶えたという。

「退団のショックはあると思いますけど、一緒に現地入りする約束で、ホテルの予約もしてあったので、それをどうするかだけでも聞こうとしたら、返答がないままで……」(同)

聞いた話では、Aさんの家族も捜索願などは出しておらず、事件に巻き込まれた可能性は低いらしいが、気になるのはウィッティントンとの距離感だ。

追っかけ女性たちの中には、ときに選手本人とベッドで一夜を共にする者もいるというのだ。

「特に、一時期だけ在籍する外国人選手だと後腐れがないので、割り切って“推し”たりする人がいる」と前出女性。そんな背景もあり、Aさんは昨年夏に入ったばかりのウィッティントンに狙いを定めたのだという。

「Aさんが彼とどこまでの関係になっているかは、そこはお互いに言わないのがマナーなんですが、私の勘では彼女は美人だし、ウィッティントン本人とも直接連絡していたので、関係したことはあったんじゃないかと思います。もしウィッティントンと一緒に大麻をやっていたりなんかしたら、音信不通になってもおかしくはないけど、そんなことするとは思えません」(同)

このグループは全員が札幌市民でありながら、道外の遠征試合もほとんど生観戦するほどの追っかけで、その高額な費用を捻出するために風俗店など水商売で働く者もいて、Aさんもその一人だったという。

ウィッティントンはアメリカのメリーランド州出身で、米国のスーフォールズ・スカイフォースやオーストラリアのシドニー・キングスでプレーした後、昨年7月にレバンガと契約。今年1月21日、チームはウィッティントン着用のユニフォームを「ヤフオク!」に出品。スタート価格1,000円が逮捕直前には6万円台まで上がっていたが、契約解除となり、出品は取り下げられた。

女性ファンによると「Aさんは、それを落札しようと意気込んでいた」というが、選手の逮捕と音信不通が関係あるのかすら、現在ではわかっていない。無事であることを祈るばかりだ。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス