最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

レイプするのが「治療」。レズビアンが男性を愛せるように監禁する診療所。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「レズビアンを“治す”ために、拷問やレイプをする診療所がある」。

今から伝えるのは全て実話だと、エクアドル在住のフォトグラファーPaola Paredesは言います。

3人の女性の苦しみを。
この“悲しい事実”を知ってほしい。



同性愛者が正しく異性を愛せるように“治療”をするため、ある診療所に入院させられていた3人の女性に取材をしたPaola。レズビアンであることが、「異常である」と診断された彼女たちは、そこで肉体的にそして精神的な暴力を振るわれ続けたそうなのです。

エクアドルに200軒ほど存在する表向きは診療所と呼ばれる施設。なぜこんなにも多いのかというと、同性を愛するのは、ドラッグやアルコール中毒と同じ。そう考えている人が少なくはないからだと、Paolaは考えています。


今回の作品の主人公としてうつるのは、取材した3人ではなく写真家であるPaola自身。女性たちのことを考え、直接話を聞いた自分が演じるべきだと思い決意しました。

この悪夢のような出来事が多くの人に知られていないという現実。もう、“悲しい事実”の被害者を増やさないように。写真にはそんな願いが込められているのです。

「監禁」されて、地獄のような日々を送っていた彼女たち。Paolaが再現した写真を、しっかりと見てください。


午前中は、“普通の女性”になるためのレッスン。化粧をしたり、美しい服を着たり。編み物をして、「女性らしさ」を学びます。


短いスカートとヒールの高い靴。男の監視員にジロジロと見られながら、ただひたすら美しく歩くための練習を。


この診療所にいると、食事が楽しいとは思えなくなります。安い魚やぬるいスープ、古いパンがでてくるのですから。


無理やり飲まされる謎の液体。コーヒーやミルクらしきものには、トイレの水や“危険な薬”が混ざっているのではないかと、彼女たちは考えています。


毎日のように誰かが何かの罪で罰せられ、暴力を振るわれる。テレビのケーブルを鞭のように振り上げられ、倒れていた女性もいたそうです。


常に掃除することを意識し、髪の毛も必ずすべて拾わなければいけません。もしも、何かのミスをしてしまった場合は、無理やりトイレに連れて行かれ、素手で掃除をすることを強制されます。


3人のうち一人の女性の話。彼女は、両親が雇った男性に無理やり診療所に連れて来られました。その日から、ベッドやバスルームに縛り付けられる日々が始まったそうです。


この診療所の職員は“理不尽な規則”に違反しなくても、首を絞めたり、殴ったり、暴力を振るい続けていたと。治療の一環として、男性職員にレイプされ続けていたと女性たちはPaolaに語っているのです。

Licensed material used with permission by Paola Paredes


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス