最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“かわいい” よりも…ハイスペック男子が意外と好む「婚活メイク」|美容ライター直伝モテ美容&メイク #20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


そろそろ本気で結婚したい…! ”結婚適齢期” を意識して、婚活に力を入れている方も少なくないかと思います。リアリストな女性は、金銭面なども含めて、比較的ハイスペックな相手を探しているのではないでしょうか? そういった男性がいる婚活パーティに行ってもなかなかうまくいかないというあなた。普段のモテメイクは、ハイスペック男子の好みではないかも……。いつもより品のあるモテメイクを目指してみて。

■ ハイスペック男子が求めるのは ”癒やし”! 眉で優しさを意識

【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 20

仕事にバリバリと打ち込むハイスペック男子は、パートナーに癒やしを求めていることが多いです。家に帰ったら優しい奥さんがいる理想的な環境だと、仕事も頑張れちゃう……! そういった温かい家庭を想起させるようなメイクにシフトチェンジしましょう。

優しい印象に見える一番のパーツは、眉です。気をつけるポイントは3点。

■ 1. 眉の形

アーチ型にするのが正解。なだらかな曲線を描くようにしましょう。鋭利な角度を付けた眉の方もよく見かけますが、強めな印象を与えてしまうので注意して。

■ 2. 眉の太さ

意外かもしれませんが、太眉よりも細眉のほうがフェミニンな仕上がりになります。ただし、細すぎる眉は10年ほど前の流行を彷彿とさせ、古くさい印象になります。作り込み感がない、自然に見える程度の細さにしましょう。

■ 3.眉の長さ

短めの眉よりも、長めの眉のほうが落ち着いたイメージに。家庭的な女性なんだと好印象に!

第一印象を大きく左右するので、アイブロウメイクは念入りに計算して。

■ 上手な色選びで ”上品さ”を 出す! リップ&チークのカラーは?

よく見かけるモテメイクは、キュートさを前面に出したものが多いですよね。かわいい系の女性人気は確かに高いです。ただし、ハイスペック男子を狙いたいならかわいさよりも上品さを売りにしましょう。仕事仲間にも自慢できるようなパートナーだと思ってもらえるようにして。

品のあるメイクは、色選びが大切です。ピンク系のアイシャドウを使っている方も多いかと思います。確かにかわいいのですが、幼い印象になってしまうのがデメリット。無難ですが、ここはベージュ系で勝負するのがベターです。程よいラメ感があるものがオススメ。ラメでメイク感を出しつつ、ベージュ系カラーでナチュラルな陰影を作るのです。

アイメイクでいえば、まつ毛もポイント。ボリュームマスカラでデカ目を目指すのではなく、ロングマスカラで美人さんに。ダマは厳禁なので、コームで丁寧に仕上げましょう。

チークやリップはコーラル系で。イエローベースの方はコーラルオレンジ、ブルーベースの方はコーラルピンクが肌なじみバツグン。生まれ持った良さを活かしてくれる色みです。

質感もきちんと意識してくださいね。チークはクリーム系で自然な発色を狙うと良いでしょう。また、リップメイクにはグロスを使いがちなのですが、なんだかギラギラした印象に…。ツヤ系のルージュをブラシ塗りして、キレイめ女子を目指して。

■ 忘れてはいけないのが ”清潔感” ! ベースメイクは念入りに

モテを意識し過ぎると、ポイントメイクにばかり手をかけてしまいませんか? 確かにポイントメイクも大切なのですが、おろそかにしてはいけないのがベースメイク。基本の「き」なのですが、つい忘れがちなので注意しましょう。

まず、コンシーラーを駆使すること。ファンデーションの厚塗りは、老けて見えたり汚い化粧崩れをしたりする原因に。肌のアラはコンシーラーできちんとカバーして、清潔感を出しましょう。

また、ツヤ肌人気が根強いですが、男性から見ると「テカり…?」と思われてしまうことも。キャピキャピしたイメージにもなりがちなので、婚活には向きません。しっとり系のパウダーファンデーションを使って、ハーフマットに仕上げると良いですよ。

ハイスペック男子を狙いたい婚活中の方は、”癒やし”・”上品さ”・”清潔感”を意識したメイクに変えてみましょう。婚活では第一印象が非常に重要。キュートなモテメイクからシフトして、出会いを逃さないようにして。今年こそ、理想のパートナーを見つけましょう!

(C)malyugin/Gettyimages(C)dimid_86/Gettyimages(C)nd3000/Gettyimages

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス