平昌五輪のアメリカ代表は、VRでアルペンスキーの本番コースを確認している

180126vrtraning
Image: Laurenne Ross, US Ski Team racer/ US Ski & Snowboard via SportTechie

日本も負けてられないな~。

アメリカの平昌五輪代表選手が、トレーニングにVR(仮想現実)を取り入れています。VRトレーニングを行なっているのは、米スキー&スノーボード協会。

2月9日から韓国・平昌で開催される冬季五輪。4年に1度の大会にむけて、選手はトレーニングを重ねています。が、本番となる実際のコースを確認、練習できるのは、大会前のほんの限られた時間だけ。そこで、事前トレーニングとして行なわれているのが、本番コースの疑似体験。VRヘッドセットを装着してバーチャルで滑るというものです。

米Gizmodoの取材に対し、米スキー&スノーボード協会担当者はシステムをこう解説。「360度のコース動画は、ゆっくりしたスピードで撮影されています。が、選手の滑るスピードによって、動画もスピードアップされます。そうすることで、選手は限りなく本番に近いコース環境を事前に確認することができます」VRトレーニングは、選手のパフォーマンスを限界まで引き出す新たなツールだとして、いいことしかないと協会は大絶賛。

協会担当者は、VRトレーニングに関する詳細については明かさなかったものの、ヘッドセットで使われているソフトウェアはVRトレーニングを手がけるSTRIVRのもの。またヘッドセットと共に、感覚フィードバックを選手に伝えるスキー板状のボードも使用されています。

以下の動画は、コロラド州のカッパー・マウンテンでのスキーヤー目線のVR動画。代表選手がVR越しに見ているのも、こういう映像かな?



平昌五輪で、アメリカ選手が好成績を残せば、VRトレーニングも1つの要因ってことですよね。もちろん、公開していないだけで、アメリカ以外でもVRトレーニングを取り入れている国はあるかもしれませんけれど。

Image: Laurenne Ross, US Ski Team racer/ US Ski & Snowboard via SportTechie
Source: SportTech, YouTube

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス