気まずさに耐えられず…電車で子供が泣いた時に母親がする行動3選

しらべぇ

2018/1/27 17:30


(violet-blue/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

電車内で赤ん坊が泣いているのに、母親がスマホを見ていたり、気にする素振りもなく無表情でいるのを目にして、イラッとする人もいるだろう。

だが、しらべぇ取材班が小さな子供を持つ女性から話を聞いたところ、その行動の裏にはさまざまな心情が隠れていることが明らかに。

(1)冷たい視線に耐えられずスマホを見る


「心の中ではテンパっているんですが、周りの乗客の冷たい視線に耐えられなくて、子供をあやしながら、スマホを見て気にしていないふりをしてしまいます…。

本当に内心では『うるさくてすみません』と反省しているんですが、他人から見たら子供が泣いても気にもしない母親に思われているのかも」(女性・29歳)

(2)子供だけを見てポーカーフェイスで耐え抜く


「赤ん坊だと、叱って静かになるわけではないので、もうただ子供だけを見つめて機嫌をとりながら『お願いだから泣きやんで』と、心の中で叫び続けます。

顔はポーカーフェイスなので、他人から見たら子供がうるさくしても図太い神経で居座っているように見えそうですが、心では泣いていますね…」(女性・32歳)

(3)おやつをあげて子供を泣きやませようとする


「泣いている時には子供におやつをあげます。過去に『泣いているのに優雅に甘やかしているわよ』と、オバさんたちに囁かれたことがあるんですが…。

親としてはお菓子は体によくないので極力あげたくないし、泣いて甘やかしているのではなく、泣き止ませるために致し方なく…なんですよ」(女性・33歳)

■赤ん坊の泣き声を不快に感じる人はどれくらい?


全国20代~60代の男女1353名を対象に、「電車での赤ちゃんの泣き声にイラッとする」人の割合を調査したところ、約3割が「はい」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一見すると、子供が泣いても気にしていないように見えても、内心では焦っている母親は多いのかもしれない。

・合わせて読みたい→【満員電車】束縛型か放任型かでイライラの対象がわかる?

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1,353名

あなたにおすすめ