「もっとこうしてほしい!」彼を変えたかったら、まずは自分が変わってみよう

ハウコレ

2018/1/27 17:00



彼のことは好きだけど、それでも「彼が冷たい」「彼のこういうところがイヤ!」と不満を持っている女性は多いはず。

でも他人を変えるのって難しいですよね。彼を無理に変えようとすればするほど、かえって逆効果になってしまうこともあります。

そこで今回は「彼に変わってほしかったらまずは自分が変わってみよう」というお話をしたいと思います。

■・友達には気を使えるんだけど……
「マウンティング」なんて言葉をよく耳にしますが、日頃から女友達には気を使っている女性も結構いるのではと思います。同じ女性として共感できるところもあったり、お互い様で、気遣い合う部分も多いのではないでしょうか。

でも女友達には「親しき仲にも礼儀あり」ができても、彼氏に対しては「自分のことを理解してくれて、寄り添ってくれて当たり前の存在」と思っている場合も……。特に付き合いが長くなるにつれて、彼氏がそばにいてくれることへのありがたみがなくなってしまいがちです。

そのため気遣いどころか、ただの自分勝手な彼女になっていることもあります。だからこそ、「彼を変えたい!」と思うばかりじゃなく、「自分も変わらなきゃいけないのかな?」と立ち止まってみることが大切です。

■・具体的に「自分が変わる」方法とは?
でも「彼への態度を変える」といっても漠然としすぎていて難しいですよね。まずは自分が変化しやすい、日常的な点に注目してみましょう。

たとえば「彼に大切な話をしてもあまり聞いてもらえない」なんてことがあると思います。そのときに考えられることとして

・同じ話を何回も繰り返している・彼のプライドを傷つけることを言っている・話すタイミングを間違えているなどが挙げられるかもしれません。

そんなときは・しつこくならないよう、意識して発言する・内容はあらかじめ考えておく・彼の機嫌の良いときを狙う

など、ちょっとだけ自分が変わる方法を取ってみましょう。これは女性側が我慢しているわけではなく、ふたりの関係を円滑にするひとつの方法ですよね。少しの工夫で、彼を変えていくことができるかもしれません。

■・それでも彼が変わってくれないようだったら……
もし上記のような方法を取っても彼が変わってくれないようであれば、彼自体に問題があるのかもしれません。どうしても我慢できないほどツラいのであれば、別れを視野に入れることも方法でしょう。

別れというとマイナスなイメージがありますが、「自分が一度変わってみることで、いままでわからなかった原因を知ることができた」ととらえることもできます。そう思えば別れも仕方がなかったことだと割り切ることができますし、次の彼氏を探すときにもきっと生かせるはずですよね。

「一生懸命変わろうと努力したのに……」と損をした気分になるかもしれませんが、自分を変えることは、今後の視野や可能性を広げることにつながるのです。

■おわりに
「彼に嫌われたくないから、無理に優しくしてみる」などの変化の仕方は、最初はうまくいくかもしれませんが、だんだん自分が苦しくなってきてしまいます。

「どうしたらお互いのためになるのか」「彼を変えることができるのか」を第一に考えた上で、自分が変わる方法を取ってみてくださいね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)(三方優加/モデル)(バンダリ亜砂也/モデル)(gaku/カメラマン)

あなたにおすすめ