岩の前で10時間立ち尽くしていた、1匹の子犬 理由に涙があふれる

grape

2018/1/27 16:09


※写真はイメージ
2017年12月31日、インドのバンジャラ・ヒルズで事件が発生しました。岩の隙間に、生後1か月と見られる子犬が落下してしまったのです。

子犬がいるのは10フィート(およそ3m)下であり、岩の間が狭いため人が入ることもできません。

年の瀬に、40時間にもおよぶ救出劇!

落ちてしまった子犬は、「出して!」といわんばかりに悲痛な鳴き声を上げています。

そして岩の近くでは、兄弟と思われるもう1匹の犬が、助けを求めるかのように駆け付けた人たちを見つめていました。

報告によると、この子犬は10時間もここで立ち尽くしていたのだといいます。

「なんとか、子犬を救わなくては!」

その気持ちを胸に、駆け付けた人たちの救助活動が始まりました。


およそ40時間後、子犬の救出作業が終了!

陽が落ちた際は、スマホのライトを使い、道具を使って岩の隙間をくぐり抜け、なんとか子犬を救い出すことができました。

幸い、子犬に目立ったケガもない様子です。

忙しい年の瀬にも関わらず、尊い小さな命を守った彼らに、心から拍手を送ります!

そして2匹の子犬たちには、危ない目に遭わず幸せに暮らしてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス