最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ピントをずらすだけで、セクシー写真はストーリーをもって躍動する「依東杏奈&夏来唯」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


雑誌やネットで日々あらゆるセクシー写真が出るこの世の中において、まだ出ていないセクシー写真はないだろうか?

そんな、マーケティング用語でいえば「ニッチ」な写真を撮ることを目指すうえで大事なことは、よくあるシチュエーションに“一工夫”を加えるということだ。

写真に登場している2人のグラビアアイドル。

白い水着に身を包むのは、あふれんばかりのHカップがまぶしい新人グラドル・夏来唯(なつき・ゆい、24歳)。少々ハードともいえる黒い衣装で夏来さんを受け止めるのは、富山県出身の依東杏奈(いとう・あんな、21歳)だ。

このような、2人の女性が妖しく絡み密着する写真というのは、非常によくあるものである。

当然、女性がひとりカメラに向かってポーズを撮るこのような写真も、“よくある”どころか基本中の基本である。

しかしここに、「2人一緒」という要素を戻しつつ、“一工夫”を加えてみるとどうなるだろう?

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1447074

あれ、後ろになんかいる? 見切れているのとも違うし、なんか堂々と足を組んで撮影の様子を見てる…。気になるので、今度は“ピント”をずらしてみよう。

「こんな顔で観てたのねー!」と、なんだかクイズの答えがわかったような爽快感すら得られる結果となった。爽やか白水着姿で写真におさまる新人グラドルと、それを少し意味深な表情で見つめるSっ気ある先輩……といったところだろうか。

◆ピントをずらすと、ストーリーが生まれる

「読者の想像が膨らむ写真を撮る」ということは、グラビアにおいて最も重要なことのひとつといえるだろう。

思春期の男子は言わずもがな、仕事では「もっと想像力働かせろよ!」と怒られているような大人の男性でも、こと“エロ”になると中学生と同じように、いや、経験を積んでいるからこそそれ以上に、1枚の写真から無限の想像力を発揮するものだ。

だからこそグラビアは、わざわざ野外で撮ったり、車の中で撮影したり、奇抜な衣装でベッドに横たわったりする。そう、脳内で描くストーリーを提供するために……。

ただ、そんな想像力を発揮していただかずとも、前後に写る人間のピントをずらすだけで、静止画であるにも関わらずまるでセリフや心の声が聞こえてくるほどにヒシヒシとストーリーが感じられることが分かった。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1447077

こうすると、さっきまでは“百合”感ある先輩だったのが、「私も撮って!」としゃしゃり出るけれど一旦カメラマンにスルーされているイタい先輩に見えてくるし……、

こうすると、表情だけでやっぱり絶妙な“百合”の雰囲気を感じられる。心の声だけでなく、ジャジーなBGMまで聴こえてくるようだ。

そして今度は、前にいる人を変えてみよう。

「私の撮られ方を勉強しなさい!」と言わんばかりの自信満々な感じが伝わってくるが、ピントをずらしてみると……?

後ろの顔に焦点が当たったことで、“早く帰りたいのにイヤイヤ見学させられてる感”が伝わってきた。

ここまでくるとセクシーよりもストーリーが優先になってしまっていることが否めないが、プロのカメラマンの技術と撮られ慣れたグラビアアイドルの表情力が見事に融合し、まだ世の中に出ていないセクシー写真になったことは間違いない。

近頃は、SNSのひとつの投稿に2枚以上の写真が載せられることが当たり前となった。ネタに困ったら、ピントで遊んでみては?

<撮影:長谷英史、企画・文:チーム背徳感>

※モデルプロフィール

・依東杏奈:1996年5月25日生まれ・富山県出身・A型、公式Twitter(@anna0525n_n)、公式Instagram(@anna0525n_n)

・夏来唯:1994年1月16日(24才)埼玉県出身・O型、公式Twitter(@kiyui_natsu)、公式Instagram(@yui_natsuki)


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス