同じ病院で同じ日に産まれた同じ名前の男女 デートサイトで運命の出会い(英)

「初めて会った気がしない」―オンラインのデートサイトで出会った2人は互いにそんな感情を抱いた。それもそのはず、同じ名前の2人は39年前に同じ日に同じ病院で産まれた“運命の相手”だった。このほど素敵な縁で結ばれていた英デボンに住むあるカップルのニュースを『Devon Live』『Mirror』『Metro』などが伝えている。

デボンのバーンステイプルに暮らす夫婦、ダニエル(Daniel)・ドーソンさんとダニエル(Danielle)さんが知り合ったのは、偶然にも同じ日に登録した人気デートサイト「Plenty of Fish」だった。

看護師のダニエルさんは、トラック運転手のダニエルさんに会って一目惚れした。同じ名前でニックネームも同じ「ダン(Dan)」ということもあり、すぐに意気投合した2人。初めて顔を合わせたカフェで話が弾み、たくさん笑い、とても楽しいひとときを過ごしたそうだ。これまで交際した相手はいてもうまくいかず、自分の将来これからどうなるのか不確かだったというダニエルさんは、目の前の女性も同じ思いであったことを知り不思議な感覚に陥った。

「過去にどこかで出会っているような気持ちになりました。でも彼女はバーンステイプル出身で、自分はビデフォード出身。繋がりを見つけることはできませんでした。」

しかし話をしていくうちに、驚くべき共通点があることが判明した。2人とも1979年1月24日にバーンステイプルのノース・デボン・ディストリクト病院で産まれていたのである。ダニエルさんは「互いにもう何年も知っているような気持ちになったのは、きっと2人が赤ちゃんの頃に出会っていたからではないか」と思ったという。

やがて2人は交際し12か月後には一緒に暮らし始め、2015年のバレンタインデーに婚約した。そして2016年5月13日に結婚、同年9月には第1子を妊娠していることに気付いた。2人の愛娘デイジー=メイちゃんは、夫妻の結婚1周年記念日の真夜中に産まれたそうだ。まるで全てが運命の赤い糸で結ばれたかのような出来事に、ダニエルさんはこのように話している。

「彼女に出会って、私の人生は大きく変わりました。2人とも自分が親になることなど予想もしていなかったし、ここまで人生を達成するとは思ってもいませんでした。でも妻はまさしく私の運命の相手であり、真実の愛そのものです。親友でもある妻とは何かをする時にはいつも一緒です。娘も産まれて、私たちの人生は完璧なものになりました。妻とは同じ年なので、リタイアする年齢もきっと同じでしょう。」

まるでドラマのような話。しかし両ダニエルさんの出会いを知ると“運命の相手”というのは必ず存在するのだと思わずにはいられない。

画像は『Metro 2018年1月25日付「Couple named Daniel and Danielle born on same day in same hospital marry 40 years later」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス