最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

囲炉裏、絶景温泉…大人が憧れる!冬のおすすめ「癒し宿」7選【東北】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流せん別邸観山聴月

冬は温泉旅行に行きたくなりますね。今回は東北の冬旅におすすめの「癒し」宿をご紹介します。
時代とともに失われつつある、囲炉裏で食事を楽しめる囲炉裏宿をはじめ、温泉自慢の極上湯宿、絶景に癒される露天風呂のある宿など…どこもゆったりと時間を過ごし、暖かい料理でお腹も心も癒される宿ばかり。
今度の休みは、東北へ大人旅に出かけてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース
1.いろりの宿 芦名【福島県会津若松市】
網でサッと炙り、炭の香りをまとわせる焼しゃぶ体験。
いろりの宿 芦名会津牛焼しゃぶ/薄切りの会津牛をしゃぶしゃぶのように炭火で炙るだけ。さっぱりしたかぼす酢か温泉卵に絡めて召し上がれいろりの宿 芦名豆腐に味噌をつけて焼く会津の田楽や地元の天然イワナも焼きたてで味わえるいろりの宿 芦名食事処となる囲炉裏の間は個室のほかグループ用の部屋もあるいろりの宿 芦名浴槽は会津東山の湯をかけ流しに。夕食後は貸切で利用できる
玄関の上に小さな囲炉裏が配され、その奥には白壁が目に鮮やかな蔵の入り口が。到着早々、建物の不思議な造りに驚くと同時に、時代の感覚は過去へと一気に引き戻されてしまう。「かつて改装したときに、古い蔵を移築したんです。普通は新しくするものなのに」と女将の和田美千代さんは笑う。
全7室に対し、館内にある囲炉裏の数は7つ。部屋ごとに囲炉裏を囲みながらの夕食となる。メインは地鶏ステーキやジビエ焼きなど数種類から選べるが、近年人気なのは会津牛の焼しゃぶ。肉をさっと炙り、温泉卵に絡めて口に入れれば、自ずと笑みが浮かんでしまう。名人が釣る天然イワナ、屋外でのびのびと育った鴨、有機農法のお米や野菜など、吟味した地元食材に出合えるのも嬉しい。
いろりの宿 芦名(あしな)
TEL/0242-26-2841
住所/福島県会津若松市東山町湯本下原232-1
料金/1泊2食1万8360円~※会津牛焼しゃぶプラン 1泊2食2万2830円~3万1470円
アクセス/磐越道会津若松ICより25分
「いろりの宿 芦名」の詳細はこちら
2.やまゆりの宿【岩手県花巻市】
炭火と南部鉄器ですき焼きに興じる、贅沢なひととき。
やまゆりの宿岩手黒毛和牛すき焼き/囲炉裏を使ったすき焼きは風情たっぷり。伝統工芸品でもある南部鉄器の鍋が良質な肉の旨みを一層引き出してくれるやまゆりの宿個室もあるダイニング。炭火焼きは宿のスタッフが火加減を見てくれるやまゆりの宿石造りの露天風呂。敷地内で自噴する温泉をかけ流しにやまゆりの宿全14室の客室はシンプルな和室から半露天付き特別室まで9タイプ。インテリアも異なるので選ぶ楽しみも
開湯1200年と伝わり、南部藩主が湯治に訪れたという台温泉。緩やかな坂の両側に宿が立ち並ぶ温泉街は、歴史ある山のいで湯の気配が濃密に漂う。
その中ほどにある『やまゆりの宿』で堪能できるのが、現代的な囲炉裏料理。ダイニングにある囲炉裏はテーブル式で、足をゆったり伸ばせる造り。
食前酒から始まる夕食では、前菜、お造りと創作料理のように華やかな盛り付けが目を楽しませてくれる。メインの囲炉裏焼きは田楽とイワナの塩焼きがスタンダードで、岩手黒毛和牛をチョイスすることも可能。シンプルな陶板焼きもいいが、赤々と燃える炭火で煮るすき焼きはまた格別。地元の花巻は南部杜氏の里でもある。好みの地酒を選べる利き酒セットとともに味わえば、美味の喜びがさらに増すはずだ。
やまゆりの宿
TEL/0198-27-2055
住所/岩手県花巻市台2-57-9
料金/1泊2食1万7430円~
アクセス/東北道花巻ICより10分
「やまゆりの宿」の詳細はこちら
3.流辿別邸 観山聴月【宮城県川崎町】
政宗公が愛した湯に包まれ夜空に浮かぶ月を眺める。
流せん別邸観山聴月支倉/半露天風呂や室内は7室すべて趣が異なる。どの部屋になるかはその時の楽しみに流せん別邸観山聴月支倉/例年12月から3月頃になると、眼前に真っ白な銀世界が広がる客室の露天風呂流せん別邸観山聴月碁石/2017年5月に半露天とテラス付き露天を持つ2部屋を改装
仙台藩主・伊達政宗公がこよなく愛した山あいの温泉地、青根温泉。その温泉街の高台にひっそりと佇む、わずか7部屋の隠れ宿「流辿別邸 観山聴月」。全室に半露天風呂を設け、青根温泉が持つ7つの源泉から湧き出る温泉全てを混合した、効能豊かな天然温泉100%のかけ流し湯が堪能できる。名湯溢れる湯船から望むのは、遠き仙台の市街地と雄大な山々。夜は空に浮かぶ月と星が煌煌と輝き、特等席から美景を独占する至福の時間を存分に楽しみたい。お待ちかねの夕食は、地元食材と旬の素材、鮮魚をメインにした月替わりの会席料理。仙台牛をはじめ蔵王美澄鱒に、蔵王牛、季節の食材を練り込んだオリジナル青根うどんなどを提供するほか、焼物と鍋物は肉か魚が選べることで評判を呼んでいる。

■宿データ
宿泊料金:2万1750円~
温泉露天風呂付き客室:7室(全7室)
泉質:単純温泉
宿泊年齢条件:なし
流辿別邸 観山聴月(りゅうせんべってい かんざんちょうげつ)
TEL/0224-87-2617
住所/宮城県柴田郡川崎町青根温泉17-1
アクセス/電車:JR仙台駅よりタクシー1時間(無料送迎あり・要予約) 車:山形道宮城川崎ICより20分
駐車場/40台
「流辿別邸 観山聴月」の詳細はこちら
4.客室専用露天風呂付のスイートルーム はなれ 松島閣【福島県会津若松市】
せせらぎの音に心なごみ湯船から渓谷美を愉しむ。
はなれ松島閣格子の間/2012年7月に誕生した64平米のスイートルーム「格子の間」にある客室露天風呂はなれ松島閣格子の間/「格子の間」には冷温切り替え可能なミストサウナや海外ブランドのシャワーブースも完備するはなれ松島閣名勝・伏見ヶ滝を望む大浴場でも湯を楽しみたい
江戸時代に会津藩の湯治場として栄えた、開湯1300年を誇る東山温泉。この歴史ある湯の郷で創業130年余の湯宿を営む「庄助の宿 瀧の湯」の別邸がこちら。インテリアデザイナーや建築家が手がけた客室は、コンセプトの異なる10室のスイートルーム。38平米の「光の間」から119.5平米の「花の間」が揃い、全ての部屋に温泉風呂を備える。「格子」をコンセプトにした「格子の間」では、森の風景がお出迎え。湯船に映る四季折々の山景色を筆頭に、阿賀野川のせせらぎや能舞台、小さな滝が眺められる。本館「庄助の宿 瀧の湯」の施設も利用可能。大浴場で伏見ヶ滝の轟々たる滝の爆音やマイナスイオンを浴びながら湯浴みを満喫したい。冬は雪の花が舞い、水墨画のような幽玄の世界を愉しむのも一興だ。

■宿データ
宿泊料金:2万4990円~(格子の間)
温泉露天風呂付き客室:10室(全10室)
泉質:カルシウム・ ナトリウムー硫酸塩化物泉
宿泊年齢条件:なし
客室専用露天風呂付のスイートルーム はなれ 松島閣(まつしまかく)
TEL/0242-29-1000
住所/福島県会津若松市東山温泉108
アクセス/電車:JR会津若松駅より周遊バスまたはタクシー15分(無料送迎あり・要予約) 車:磐越道会津若松ICより15分
駐車場/60台
「客室専用露天風呂付のスイートルーム はなれ 松島閣」の詳細はこちら
5.タカミヤビレッジホテル樹林-JURIN-【山形県蔵王市】
蔵王温泉の高台に佇むホテルで2つの泉質と美食味わう。
タカミヤビレッジホテル樹林源泉からかけ流しのにごり湯が湯船に注ぐ。9月下旬~10月下旬には窓の外に紅葉もタカミヤビレッジホテル樹林部屋か大広間でいただく「深山籠膳」
標高972mに立つ歴史あるリゾートホテル。昼食プランでは、和室(10畳)または広間を11時~15時の間、最大4時間利用可能。四季折々の旬を味わう「深山籠膳」和食コースと、源泉からかけ流しの湯を心ゆくまで堪能したい。
タカミヤビレッジホテル樹林-JURIN-
TEL/023-694-9511
住所/山形県山形市蔵王温泉上ノ台814
料金/【日帰りプラン】温泉+部屋+深山籠膳~美肌の湯でゆったりランチをご満喫♪大人1名4320円~
アクセス/電車:JR山形駅よりバス50分(蔵王温泉バスターミナルより送迎あり) 車:山形道山形蔵王ICより30分
「タカミヤビレッジホテル樹林-JURIN-」の詳細はこちら
6.鶴の湯温泉【秋田県仙北市】
佐竹藩主も湯治に訪れた乳頭温泉郷で最古の湯。
鶴の湯温泉「鶴の湯温泉」江戸時代より続く老舗の宿鶴の湯温泉名物「山の芋の鍋」に岩魚の塩焼きなど、滋味の深い里山ならではの料理が並ぶ鶴の湯温泉郷愁の念を抱かずにはおれない本陣の外観
秋田藩主の湯治場でもあった鶴の湯。警護の武士が詰めた茅葺屋根の長屋「本陣」は今もそのまま残されている。白湯、黒湯など4つの源泉が湧き、乳白色の混浴露天風呂はじめ9つの湯船を満たしている。
鶴の湯温泉
TEL/0187-46-2139
住所/秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50
料金/1泊2食8790円~
アクセス/電車:JR田沢湖駅よりバス乳頭温泉行きでアルパこまくさ下車後、送迎バスで15分 車:東北道盛岡ICより1時間
「鶴の湯温泉」の詳細はこちら
7.妙乃湯【秋田県仙北市】
モダンかつスタイリッシュ。洗練されたもてなしが身上。
妙乃湯端正な造りの内風呂に注ぐのは、透明な「銀の湯」(単純泉)妙乃湯きりたんぽ鍋をはじめ秋田の郷土料理や地物の山菜などが中心の夕食。器の選び方や盛り付けが細やかだ
「秘湯情緒と快適な寛ぎ」がコンセプト。落ち着いたインテリアや照明は隠れ家的な風情を演出。源泉は「金の湯」「銀の湯」と名付けられた2種類で、温泉入浴指導員であるスタッフが入浴を指南してくれる。
妙乃湯
TEL/0187-46-2740
住所/秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
料金/1泊2食1万3218円~
アクセス/電車:JR田沢湖駅よりバス乳頭温泉行きで妙乃湯温泉前下車すぐ 車:東北道盛岡ICより1時間
「妙乃湯」の詳細はこちら

※この記事は2017年11月時点の情報です

外部リンク(じゃらんnews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス