阿部寛「これで引退します!?」 主演シリーズ完結に万感の思い

テレビファン

2018/1/27 14:28


 映画『祈りの幕が下りる時』の初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、福澤克雄監督が顔をそろえた。

本作は、2010年に連続ドラマとしてスタートし、その後、スペシャルドラマ2本、映画1本が製作された『新参者』シリーズの完結編。

阿部は「心の琴線に触れる、感情が揺さぶられる、最後にふさわしい映画ができて感無量。自分の中でもしっかり完結できた」と感慨深げに話した。

阿部と8年間コンビを組んだ溝端は「最高のフィナーレを迎えたい。でも、ちょっと寂しい。初日はうれしいはずなのに、こんな気持ちは初めて」と複雑な表情を見せた。

初参加の松嶋も「もともとシリーズのファンだったので、私も寂しい。(原作の)東野圭吾先生には、ぜひ続編を書いてほしい」と要望した。

主題歌「東京」を歌うJUJUも祝福に駆け付け、同曲をアコースティックバージョンで披露。溝端は「20歳の頃から阿部さんの隣で芝居をさせてもらい、たくさんの貴重な経験ができた。ご一緒した8年は一生の宝物。これからも指針として背中を追い掛けていきたい」と目に涙を浮かべながら、感謝の思いを熱弁した。

阿部もねぎらいの抱擁で応えたが、さらに女性陣から花束を贈られるサプライズの連続に「まさか、こういう展開になるとは思ってもみなかった」と声を詰まらせた。

そして「これで引退します」とまさかの引退宣言。もちろん照れ隠しのジョークだが、溝端は「ちょっとやめてくださいよ」とおろおろしていた。

あなたにおすすめ