最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

阿部寛、男泣きの溝端淳平を抱き寄せる!「新参者」シリーズ完結に「さみしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した「新参者」シリーズの完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』の初日舞台挨拶が1月27日にTOHOシネマズスカラ座で開催され、阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、主題歌を担当したJUJU、福澤克雄監督が登壇。感謝の気持ちを伝えながら涙した溝端を、阿部が強く抱きしめた。

本作は、阿部演じる刑事・加賀恭一郎が、ある女性絞殺事件の捜査を進めるうちに、失踪した自身の母の謎に迫っていく姿を描くミステリー。8年にわたって加賀を演じてきた阿部は「感情が揺さぶられる映画ができた。自分のなかでもしっかりと完結できたすばらしい作品」と感無量の面持ちを見せた。

8年を振り返って阿部は「みなさんが愛してくださったおかげ」とファンに感謝を伝え、「溝端くんとも8年、やりましたね」と加賀と捜査に当たる刑事であり、加賀のいとこでもある松宮脩平役を演じてきた溝端を見つめてニッコリ。「これで最後というのはさみしい。こういうまっすぐな芝居はやったことがなかったので、自分の軸や力になった。いろいろな役をやる上でも成長させてくれた」と加賀役がかけがえのないものとなったことを明かし、「あとは東野さんが(続きを)書くかどうか」と名残惜しそうに語った。

溝端は「8年あれば身長も伸びたかなと思ったけれど、そこの差は埋まらず」と冗談交じりにコメント。「さみしい」を連呼するなど、早くも舞台挨拶の冒頭から瞳は潤んでいたが、阿部にサプライズでこれまでの感謝を伝えることとなると、その涙腺は崩壊した。

溝端は「二十歳のころ、至らない僕を大きな器で常に包み込んでくれた」と本シリーズのスタートを述懐。「節目や悩んでいるときには、そのたびに阿部さんが導いてくれた。誰よりも自分にも芝居にも厳しい阿部さんにの熱を感じながら歩んできた8年は、一生の宝物。とてもさみしいですが、これからも背中をずっと追いかけていきたい。またご一緒するときは胸を貸してください」とあふれんばかりの想いを打ち明けた。

阿部が溝端をしっかりと抱きしめると、溝端もたまらず男泣き。阿部は「今回の作品でも、最初20分を力強く引っ張ってくれた。頼もしかった」と溝端を讃えるなど感動的なフィナーレとなったが、登壇者陣から花束を贈呈された阿部は「これで引退します」とニヤリ。溝端が「やめてください!ずっと追いかけたいんで!」と突っ込むなど、最後までナイスコンビネーションを見せつけ、会場から大きな拍手を浴びていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

https://news.walkerplus.com/article/135397/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス