最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

1月クールは“全体的に高水準”と高評価! 「冬ドラマ満足度ベスト10」小田慶子編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
話題作ぞろいの1月クールの連続ドラマで、本当に満足度が高いのはどの作品なのか? ライター・小田慶子氏に採点を依頼、ベストテンをコメントと共にカウントダウン形式で発表する。

対象作品=2018年1月期の地上波ドラマで、1月18日夜11時59分までにスタートし、1月27日以降の放送がある全国ネットの作品。「西郷どん」(NHK総合ほか)と「越路吹雪物語」(テレビ朝日系ほか)は放送期間、回数が異なるため対象外。

■ 6位(75点)「電影少女―」「トドメの接吻」「BG~身辺警護人~」「隣の家族は青く見える」「リピート―」

土曜ドラマ24「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(毎週土曜夜0:20-0:50ほか、テレビ東京系ほか)…「25年前の漫画をなぜ今!?」という疑問は浮かぶが、2018年設定だけあり、ビデオテープから出てきた少女に「VRかと思った」というツッコミが入っていた。いっそVR設定に変えたほうがよかったのでは。「anone」にも出演中の清水尋也(古矢役)が光る。

「トドメの接吻」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)…ツンデレ王子からクズ男に転落した山崎賢人が◎。何度も死ぬ場面があるのに、そのたび瞳孔を見開くのもプロ根性。「女子的生活」(NHK総合)でも好演の志尊淳はやっぱりそういう役かい!

「BG~身辺警護人~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)…二転三転する展開はさすがの井上由美子脚本だが、劇中で25年前の洋画が例えに出てきたように、要人警護という仕事には新鮮味はなし。石田ゆり子が演じる小池百合子と丸川珠代を足して2で割ったような女性政治家の造形が面白い。

「隣の家族は青く見える」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)…不妊治療をテーマにしながら、深刻になりすぎない作風に好感。松山ケンイチ演じる自然体の夫も魅力的。結婚至上主義の妻と子供を望まない女性の対立がリアルでヒヤヒヤするが、こういう善意の押しつけをするママ、実際にいるんだよなぁ。

「リピート~運命を変える10か月~」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)…「トドメの接吻」と同じタイムリープもの。はやっている!? ヒロインは彼氏にプロポーズしてもらうためにわざわざタイムリープしたのにやっぱりされないなんて、女にとっては悪夢すぎて泣いた。六角精児はすっかり「笑ゥせぇるすまん」化。

■ 4位(80点)「99.9―」「海月姫」

「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)…謎解き先行、正義は後から付いてくるという描き方がキレイごとじゃないゆえに痛快。松本潤と香川照之によるコミカルなやりとりはかなりハイレベルで、他の誰も入り込めない。演出もこのシーズン2でさらにこなれた。シリーズ化は大正解。

「海月姫」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジ系)…“尼~ず”のキャストは原作の再現率高し! 芳根京子の鹿児島弁も大河ドラマ組より上手。瀬戸康史の美しい女装に目を奪われるが、童貞キャラを演じる工藤阿須加もナイス役作り。ただ、オタクの敵は枕営業する女性という対立のあおり方は残念。

■ 3位(85点)「anone」

「anone」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)…純文学を読んでいるような気分に浸れる坂元裕二ワールド。ヒロインが親から捨てられその父母も弟も死んだという不幸設定も残酷な童話のよう。かわいそうできれい過ぎるヒロインより、人生が終わりかけた中年男女の道行きに共感してしまう。

■ 1位(90点)「きみが心に棲みついた」「アンナチュラル」

「きみが心に棲みついた」(毎週火曜夜10:00-10:54、TBS系)…“モラハラ☓パワハラ☓DV”の三冠王を演じる向井理が怖い! タイトルの字面が“住み”ではなく“棲み”なのも納得。被害者であるヒロインがなぜ悪魔のような男を忘れられないのか? 攻め続ける火曜夜10時枠だけに、その闇を描ききってほしい。

「アンナチュラル」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)…待望の野木亜紀子オリジナル脚本。“名前のない毒”“異性間交流”など、気になる伏線がきちんと回収されてすっきり。解剖台で仮眠をとるやさぐれ解剖医(井浦新演じる中堂)からダダ漏れる色気は異常。殺す気か! アニメキャラのような葬儀屋も◎。

■ 「隣の家族は青く見える」青木朔役の北村匠海が気になる!

映画「勝手にふるえてろ」(2017年)でも好演した北村匠海が、同性愛者の役を自然に演じている。人懐っこいワンコのようでかわいい! 日本のドラマで同性愛者のカップルが養子を欲しいという設定は画期的で目が離せない。

■ 総評 オリジナル脚本作品から原作ものに負けない魅力が!

「これはダメダメだぁ」と心が凍ってしまうような作品がほとんどなく、全体的に高水準。ドラマを見るのが楽しくて冬でもおうちでポッカポカ。脚本家で見ると、「anone」の坂元裕二、「アンナチュラル」の野木亜紀子、「99.9―」の宇田学がドラマオリジナルで原作ものに負けない魅力を打ち出してきている。

特に野木はミステリーのイメージがなかったが、TBSの“イヤミス”チーム(「リバース」「夜行観覧車」)と組んで見事に新境地を開いた。原作ありでは「きみが心に棲みついた」の吉澤智子が、「ダメな私に恋してください」(2016年)、「あなたのことはそれほど」(2017年、共にTBS系)に続いて上手い脚色。全体的に脚本、演出がしっかりしているところに、山崎賢人、広瀬すず吉岡里帆らU-25の若手俳優が主演を張れる力を付けてきたのが頼もしい。

この中には入っていないが、NHK総合の「女子的生活」、NHK BSプレミアムの「平成細雪」も企画性がある秀作。その「女子的生活」「隣の家族は青く見える」など、LGBTのキャラクターが出てくる作品が多く、冷やかしではなくその実情をリアルに描こうとする姿勢にも拍手したい。

「海月姫」のオタク女子、「きみが心に棲みついた」の“キョドコ”も含め、多数派から弾かれた人たちが誰の目をはばかることもなく、自分らしく生きられるような社会がまずドラマの中で実現するといいな。

【Profile】小田慶子…テレビ誌編集者を経てフリーライターに。日本のドラマ、映画に精通し、雑誌やWebなどで幅広く活躍。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135283/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス