加藤浩次“パンサーが売れない理由”語る

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、1月25日に放送されたバラエティ番組「極楽とんぼKAKERUTV」(AbemaTV)に出演。お笑いトリオ・パンサーが売れない理由に言及した。

同番組はこの日、“エロい女にオファーをカケル!向井のセフレオーディション”と題し、同番組のアシスタントMCとして出演するパンサー・向井慧の“セフレ”を、番組が勝手にオーディションする企画を実施。

主役となる向井は「勝手なことなんですよ、すごく勝手なことが始まってるんですよ」と、今回の企画に対し迷惑そうな様子を見せた。

そんな向井に対し、加藤は「いろいろ話したんですよ、なんで向井はこんな優秀なのに、パンサーはあんなにいいトリオなのに。なんでそんなに跳ねないんだろ? それってやっぱり、向井が全然遊んでないからじゃないって」と結論付け、「俺は向井を第2の淳だと思っている。淳が結婚する前くらいの勢いを向井が持てば、パンサーはグンっと伸びる」と、向井がお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳になれる要素を持っていると言い切った。

「そんなことないです」と話す向井に、今度は極楽とんぼ・山本圭壱も「(加藤)は昔からそう言ってた」と加藤に同調。意見を聞かれたココリコの田中直樹は「パンサーはネタも面白いし、コンビネーションも抜群です。唯一足りてないのが“セフレ”だと思います」と答え、スタジオに笑いを誘っていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス