最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

放置すると怖い!? 家事はどこまでズボラにしていい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ズボラ家事って、実際どれくらいズボラにしても大丈夫なの?」という、素朴かつ本質的な悩みにお応えし、キッチン周りの家事の限界をご提示します。

ズボラはどこまで許される?

放置しがちな家事のデッドラインをズボラ家事の提唱目線でご提示します。ただし相当「ゆるめ」ですので、個々で引き締めて(?)参考にしてみて下さい。

弁当箱の「パッキン」→毎回、必ず外して洗って!

洗っていないお弁当箱に料理を詰める人はさすがにいませんが、意外に見過ごされがちなのが「弁当箱のフタのパッキン」部分。

パッキンは弁当箱の密封性能をつかさどる要所である反面、お弁当内の湿気、おかずなどの汁気が付着し、弁当箱の中でもとりわけ汚れが溜まりやすい場所でもあるのです。そのため雑菌が繁殖しやすく、ここが不衛生になると、お弁当での食中毒リスクが高まってしまうことでしょう。

つまり、お弁当の安全のためにも、ここは「ズボラできない」ところなのです。お弁当を食べ終わったら、都度なるべく早めに洗剤で洗い、しっかり乾かしておきましょう。

■デッドラインを超えるとどうなる?
しかし、なかには「パッキン」は毎回洗うものだということを知らない人もチラホラいるようです。そのような場合、気づいた時には真っ白だったパッキンが真っ黒(カビだらけ!)になっているなんてことも少なくありません。

また、まだカビではないものの、黄色みがかった汚れやピンクがかった汚れ(赤色酵母)がパッキンにしっかりついてしまっているケースもあります。これはいわばカビの前段階。 雑菌が繁殖してしまっている状態で、衛生的にはすでにピンチです。

これらを発見したら、即、食器用洗剤等で汚れを落とし、熱湯消毒できるものは熱湯消毒しておきます。パッキンの種類によって可能であれば、漂白剤の使用も良いでしょう。

■それでも「ズボラ」したい人はパッキン無しのお弁当箱を選ぼう

近ごろでは気密性や保温性などの面で高機能な弁当箱が増えていますが、高機能であるほど、パッキンをはじめとした、洗わなければいけない(なくすと致命的な)細かな部品が増えると考えて良いでしょう。

こういった高機能なお弁当箱は、紛失や摩耗(カビ)に伴う部品の買い替えも求められるので、購入時に付いてきた注意書きは捨てないようにしましょう。パッキンのことまで心配していられない、また絶対洗い忘れる自信のある方は、パッキン無しの弁当箱を使用するのもひとつの方法です。

つい洗い忘れた水筒の「パッキン」→ヌメリ発生でアウト!

夏場の熱中症対策ということで、子ども達が学校などに水筒を持参するケースが増えています。

最近の水筒は保冷(保温)機能が高いものかつ、ペットボトルの影響でか直に口をつけて飲むスタイルが主流。また、子どものみならず大人のあいだでも、直に口をつけて飲むマグタイプのマイボトルを持ち歩くことが一般化しています。

そうなると、課題になってくるのが、「水筒の注ぎ口」近辺の衛生や、「パッキン」の処遇です。と言うのも、私たちの口腔内には常時数百種類の細菌が生息しており、その細菌は水筒の飲み口経由で注ぎ口に付着し、やがて内部に至り、さらに飲み物のなかで数千倍にも増えてしまうことがあるのです。

健康対策として持っているはずのマイボトルや水筒が汚染され、食中毒を起こしてしまうとしたら本末転倒ではないでしょうか。

■茶しぶではない、水筒内に発生するヌメリの正体
口腔内などの細菌が飲み物を汚染すると、水筒の内壁に茶色っぽいヌメリが付着することがあります。

水筒には麦茶などを入れることも多いので、この茶色のヌメリもいわゆる「茶しぶ」だと思われ軽視されがちですが、ヌメっている時点でただの茶しぶではありません。茶しぶをエサに細菌が繁殖してしまった塊、「バイオフィルム」である可能性が高いのです。

水筒に入れる飲み物の種類によっても、このバイオフィルム(ヌメリ)の形成には差があります。

たとえば、ミネラルウォーター使用の水出し麦茶やハーブティー等はヌメリやすい傾向にありますが、一方で塩素消毒してある水道水はヌメリにくい。しかしどちらにせよ、ボトルが汚染されていれば早晩ヌメリます。

よって、水筒には長時間飲み物を入れっぱなしにせず、使い終わったらすぐに洗うことが肝要です。また内部を洗う際にも、傷をつけないような掃除道具でしっかり擦り洗いし、飲み口の細部やパッキンも都度外して洗浄・乾燥を行うようにしましょう。

また、あまり知られていないことですが、ステンレスボトルに、漂白剤は基本的に使えません(※1)

汚れたから、ヌメっちゃったから、カビちゃったから、と気軽に塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)や、濃い酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で除菌漂白すると、これらの成分により内部が腐食し、サビや穴あき、それによる食中毒(銅成分による)のリスクが高まってしまうのです。

パッキン
などの樹脂部分も、傷みや漏れなどの原因になるため基本的に漂白剤は使えません。ただし、ボトル専用の洗浄剤においてはその限りではありませんので、商品購入の際にご確認下さい。

■カビまみれのパッキンは捨てるしかない
つまるところ、すでにカビで真っ黒になってしまっているようなパッキンは、パッキンを買い換える以外、リベンジの方法はないということです。ステンレスボトルの腐食は塩分の多いスポーツドリンクや酸性の乳酸菌飲料でも生じます。

これまで不用意な水筒の使用やケアを行ってきてしまった!という場合は、安全面を鑑みて適宜ボトルの買い替えなどを検討することをお勧めします。かくして水筒周りのズボラは結構のっぴきならない結果になりそうです……。

(※1:象印「よくあるご質問」より)

茶ばんでいるまな板→漂白・熱湯・日光で対処、ムリなら買い替えがベター

トマトやきゅうりなど、色の薄い水っぽい野菜を切った後のまな板って、そんなに汚れたようには見えませんよね。

なので「ちゃちゃっ」と水道水で流してまな板立てに戻し、そのまま乾けば、何となく「除菌完了!」な気分になってしまうもの。でも、水で流しただけでは当然、除菌はされません。

■まな板の細菌は半日で5万倍に!
仮にその“水で流しただけのまな板”に400個の細菌が残っていたとしましょう。これは細菌的には少ない数です。しかし、その12時間後……普通のキッチン環境下で、この細菌は5万倍(2000万個)にまで増殖してしまうのです!(※1)恐ろしいですね……。

では具体的にどんな菌が検出されるかと言うと、主には大腸菌群やカビ(※2)の類です。そして困ったことに、これらの細菌類をしっかり落とそうと思うと、食器用スポンジと通常の食器用洗剤を使って洗うだけでは落としきれません。むしろ細菌汚染を助長させるだけ(※3)なのです。

対処するには塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)もしくは酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)による殺菌漂白、あるいは熱湯をかける、もしくは直射日光(紫外線)を当てるなどをしなくてはなりません。ただ包丁による傷が深く、深部まで漂白が至らない場合は、潔く「買い替える」のも一手でしょう。

(※1:アルコール除菌@キッチン ラボ 研究レポート)
(※2:生活者視点にたった家庭の衛生対策 ~キッチンを中心に~ 花王生活者研究センター)
(※3:洗浄・殺菌に関する実験結果(東京都立衛生研究所において実施)

「多少の雑菌やバイ菌、おなかに入れたってヘッチャラ!」という方はともかく、抵抗力のないお子さんや、おなかの弱い人にとっては、この分野でズボラをするのは死活問題と言えるでしょう。

そうはいっても、全方位的に全力で完璧に家事をするなどというのは現実的ではありません。限られた時間やリソースの中で、優先順位を考えつつ、「ズボラ」ができるといいですね。
(文:藤原 千秋)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス