最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

滑りのために進化し続ける「スキー板」の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYOFMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。1月20日(土)放送のテーマは「スキー板」。いよいよ2月9日(金)に開幕する平昌五輪。冬季五輪が夏季と大きく違う点のひとつとして、道具の良し悪しが勝敗を分ける競技が多いことが挙げられます。今回はそんなスポーツギアの中でも100分の1秒を縮めるために進化し続ける「スキー板」の最新事情を、TOKYO FMの番組の中で詳しい方々に教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年1月20日(土)放送より)



滑りのために進化し続ける「スキー板」の世界

◆「20世紀末に起こったスキーの革命」
元冬季五輪アルペンスキー日本代表 皆川賢太郎さん


── スキー板は競技用と一般用では違うんですか?

今は見た目は同じですよね。身長よりも少し短い160cmくらいのスキー板が主流です。でも、中身は違います。たとえば、フリースタイルのスキーで時速100kmなんてスピードを出す機会はありません。それに僕が出ていたようなレースは雪というより氷のコース。競技用は、そこで速く滑るための工夫が凝らされています。

氷というのは比喩じゃなくて、本当にアイススケートのリンクが斜めになっているようなコースです。テレビで観ると雪に見えますが、音をよく聴いてみてください。雪の上とは違う、氷を削るガリガリという音がします。平昌五輪の中継で、ぜひ注意して聴いてみてください。

── 氷の斜面を滑るためのスキー板ってどんなものなんですか?

一般向けのスキー板よりは、かなり硬めですね。スキー板はメタルやウッドなどの素材が地層のように何層も重なっているのですが、どんな素材をどんなふうに組み合わせるかで滑り心地がまったく変わってきます。新製品は、僕たちトップ選手が最初にテストをして「これなら一般向けにも卸せる」と評価されたものが販売されています。

スキー板の特徴はメーカーによってさまざまです。さらに、トップ選手によるテストでは調整を担当するメカニックもいるので、自動車レースのテスト走行に似ていますね。そうやって新しいアイデアをいろいろ試しながら新しいスキー板は開発されています。

── どんなスキー板が開発されているのですか?

昔は2mの競技用スキー板を履くことがステータスでした。長いと扱いにくいけど、使いこなす技量があるという見栄ですね。しかし、1998年から165cmという革命的に短いスキー板のテストが始まります。これは斜面を滑り降りる「落下」を、長いスキー板の抵抗で止めてコントロールするのではなく、抵抗なくスムーズに曲がろうという発想の転換でした。こうして生まれたのがカービングスキーです。

僕もそのテストに参加したのですが、実はトップ選手は技術があるのでもともとスムーズに曲がれます。つまり、カービングスキーの開発はトップ選手向けではなく一般スキーヤー向けだったんです。それで当初は競技では誰も使いませんでした。ところが僕を含む3人が競技で使ったら、ずば抜けて速くなってしまったんです。それで翌年にはもう9割がカービングスキーになりました。いまやそれが当たり前になってしまい、カービングスキーという言葉が使われなくなってしまったほどスタンダードになっています。

◆「再編が進むスキーのメーカー」
アメアスポーツジャパン株式会社 アトミック担当 田村茂雄さん


── アトミックはどんなブランドなんですか?

アトミックはオーストリアのスキーメーカーで、ザルツブルクから40~50分のアルテンマルクトという街に本社があります。親会社はフィンランドのアメアスポーツ。この会社はさまざまなスポーツギアのブランドを買収している総合商社で、その手の会社としては世界最大です。サロモンやテニスのウィルソンも、ここの子会社になっています。

老舗のロシニョールは最近また盛り返していますね。こちらはGRKK(グループロシニョール)という形で、ディナスターやルックとグループ会社になっています。サロモン以外のフランスメーカーがまとまった感じでしょうか。

アメリカのK2はフォルクルやマーカーとグループ会社に。オーストリアのヘッドはチロリアと一緒です。最近はスキー単体ではなくビンディングやブーツもセットで開発して、トータルで高いパフォーマンスを発揮できるよう設計しているので、ルックやマーカー、チロリアなどのビンディングメーカーが買収されてグループ化しています。

── トッププロはどんなブランドを使っているのでしょう?

男子はオーストリアのマルセル・ヒルシャーが圧倒的な強さで、ついこの間、53連勝を記録しました。女子はアメリカのミカエラ・シフリンが断トツの強さなんですが、この2人が履いているのがアトミックです。男女のトップがアトミックなのは、ブランドのポリシーとして「レースでは絶対に負けたくない」という部分があるからだと思います。

プロの選手が滑走を終えるとすぐに板を外してブランド名をテレビに映るようにするのは、プロスポーツとしての意識が高いからだと思います。昔はスキー板が長かったので板を立てるだけで良かったのですが、最近は短くなったので、ちょっとスキー板を持ち上げないといけなくなりましたが(笑)。

それでもトップ選手は「カメラの位置を確認しているのか」と思うくらい、絶妙な位置にメーカーのロゴを持ってきます。駆け出しの若手選手だとどこか不自然だったりするのは、キャリアの違いというものなんでしょうか。今度の平昌五輪でそのへんにもちょっと注目してみてください。

◆「スキー板はこうやって選ぼう!」
「Bravo Ski」編集部 小川尊さん


── 初心者にはどんなスキー板がオススメですか?

一般的に、初心者なら「長さは身長-5~10cm、太さはセンター幅70~80mm」くらいのサイズが滑りやすいでしょう。取り回しがしやすくて扱いやすいのがこれくらいのスキー板です。

スキーに慣れてきたら「何をしたいか」によってタイプがいろいろあります。パウダーを滑りたいのか、レースがしたいのか、ハーフパイプに入りたいのか、コブ斜面を滑りたいのか、それぞれに特化したスキーがあるので、それを選ぶと良いと思います。

── タイプによってどんな違いがあるんですか?

たとえばアルペンスキーなら、スピードを出したときに、より安定させるため、比較的硬めのスキー板になっています。モーグルの場合はコブの中で機敏に滑っていけるよう、やや細め。でも、ジャンプの着地を安定させるため競技用はやや硬めです。一般向けだとそこまでではないのですが、五輪クラスだとものすごいスピードになりますから。

ハーフパイプやスロープスタイルだと後ろがちょっと反り上がったツインチップと呼ばれるスキー板を使います。ハーフパイプの場合はRの形状に負けないよう、やや硬めのスキー板ですね。太さはセンター幅80~90mmくらいとやや太めで、前に滑るだけじゃなくて後ろ向きに着地するのにも対応できるような形をしています。

バックカントリーには「専用」みたいなスキー板はありませんが、比較的向いているのは前後が反り上がったロッカースキーです。新雪が滑りやすいのはもちろんなんですが、長めの板でも取り回しがしやすいのが利点なんです。長さによる安定性と、雪に接する面の短さで取り回しの容易さを両立させているのがこのタイプです。

── 初心者が道具を揃えるのはハードルが高くて……。

初めての人ならレンタルスキーを利用しましょう。私のオススメは全国17ヵ所で展開している「サロモン・ステーション」です。ここはスキーの道具を一式まるごと借りることができるのですが、実は初心者向けだけではなく、上級者が最新のスキー板を試すこともできます。「古くてボロい」というレンタルスキーのイメージを覆すこのステーションが、苗場や野沢温泉のような人気のスキー場にもあるので、ぜひお試しください。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)のエヌ博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・新一クンと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。1月27日(土)の放送のテーマは「熱海」。お聴き逃しなく!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年1月28日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00~17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/garage

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス