もう何も信用しないぞ! リアルタイムの合成技術もここまでスゴい…

180124shinjirarenai
Screenshot: ギズモード・ジャパン

スクリーンを通したら、もうすべて疑っちゃうもんね。

SFやファンタジー映画なら、合成が当たり前。だって、実在してないものですから。時代ものでも当たり前。そのほか、大がかりなセットや大群衆、動物との共演もコンピューターグラフィックスと合成が当たり前。いや、そもそも近年の映画やドラマは、もうほとんどコンピューターグラフィックよねってつもりで見ています。

しかし、リアルタイムの映像ですら、ここまで合成エフェクトかけられるとは知らなんだ。もう、何も、信じ、られない。



巨大なブルーバック・スクリーンの前で演技をする男性。手前のモニター左には無人の部屋が、右のモニターには男性と無人の部屋が一緒になった映像が。動画を見ればわかるように、モニター右の合成映像はリアルタイムで作られています。

これを可能にするには、モーショントラッキングカメラや、ブルーバックスタジオ、専用にカスタマイズされたハードウェアなど、高価な機材が必要です。お手軽にできる代物ではありません。…まだ、今はね。

あらゆるハイスペック技術は、いつか小型化&コストダウンされていくもの。そう遠くない将来、個人が時間借りできる配信スタジオでもこれができるようになったら、本当に画面の中のものは何も信じられない世界がやってきます。フェイクニュースどころではなく、なんでも疑わなくちゃいけない世界。

…そもそもこの動画から疑ってみるべきか?

Image: YouTube
Source: YouTube via Likecool via On-Set Facilities

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文
(そうこ)

あなたにおすすめ