【TDS】アトラクションもダッフィー&ピクサーイベントも楽しむ! 遠方組のディズニー攻略法まとめ

ウレぴあ総研

2018/1/27 06:30

久々の東京ディズニーシー!

アトラクションにいっぱい乗りたい! ショーも観たい! ダッフィーの可愛いグッズもいっぱい欲しい!

やりたいことが盛りだくさんな東京ディズニーシーを満喫する方法を、元遠方組筆者が解説します。

こちらを参考に、1日を楽しんでみてくださいね。

■東京ディズニーシーで現在開催中のイベントを簡単に解説

東京ディズニーシーでは2018年1月11日(木)から3月19日(月)まで、スペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」と、「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」を開催しています。

「ピクサー・プレイタイム」は『トイ・ストーリー』シリーズや『ファインディング・ニモ』シリーズなど、ディズニー・ピクサー映画の仲間たちが、ショーやグリーティングを繰り広げます。

「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」は、アメリカンウォーターフロントのケープコッドを中心に、とっても可愛いダッフィー&フレンズの装飾や、限定コスチュームのダッフィー・シェリーメイとのグリーティングが楽しめます。

■朝イチは「トイ・ストーリー・マニア! 」か「タワー・オブ・テラー」のファストパス取得をおすすめ!

東京ディズニーシーに到着したら、まずは「トイ・ストーリー・マニア! 」か「タワー・オブ・テラー」のファストパスを取得してしまいましょう。

と言いますのも、「トイ・ストーリー・マニア! 」は今でも非常に人気のあるアトラクションで、ファストパスは早い時間に発券終了する可能性があるからです。

スタンバイ待ちも、長めの傾向は今でも続いています。

「タワー・オブ・テラー」も、恒例となった「タワー・オブ・テラー:Level 13 “シャドウ・オブ・シリキ” 」(2018年1月5日~3月20日)で、さらに春のキャンパスデーパスポート発売期間(2018年1月5日~3月20日)も重なり、学生さんを中心に賑わっています。

第一に「トイ・ストーリー・マニア! 」を、もしファストパス発券終了していたら、近くの「タワー・オブ・テラー」を取っておくと乗るアトラクションを増やせそうです。

■「ピクサー・プレイタイム」を楽しむ!

2018年初開催の「ピクサー・プレイタイム」。

実は初開催というのが、盲点になりそうな状況です。

どのショーも今年初めてなので、観たいのはみんな一緒。

いい場所、よく見える場所で観るなら、それなりに待つ必要がありそうです。

■花道・沿道であまり待たずに応援するのがいいかも

エンターテイメントをあまり待たずに観たいなら、「ピクサー・プレイタイム・パルズ」なら花道で、「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」は沿道から応援するのが良さそうです。

「ピクサー・プレイタイム・パルズ」では、登場キャラクターは徒歩で入退場します。

ショー開始、終了時に触れ合えるチャンス? が、花道でもあるかもしれませんよ。

「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」は、マックィーンと一緒に練り歩くこともできるのですが、参加には整理券をもらう必要があります。

整理券ですが、先着順のため朝早い時間に配布終了の可能性があります。

もし、朝イチの行動を「ファストパス取得優先」にすると、整理券を貰うのは難しいでしょう。

ですが、ショー開催時にマックィーンを沿道から応援することができるのが「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」のいいところでもあります。

あまり待たずにマックィーンを近くで見ることができますよ。

■ゲームやグリーティングで楽しむのもアリ!

東京ディズニーシーのあちこちにミニゲームが用意されています。

誰でも楽しめるのが、ディズニーですから!

見かけたら遊んでみてはいかがでしょうか。

シンプルですが、めっちゃ楽しいですよ!

また、ディズニー・ピクサー映画のキャラクターがグリーティングしていることも。

見かけたら声をかけて一緒に写真を撮っちゃいましょう!

■「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」の可愛いデコレーションはSNS映え抜群!

アメリカンウォーターフロントのケープコッドでは、「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」の可愛いデコレーションが楽しめます。

片っ端から写真を撮りたくなる可愛さですよ!

■ダッフィーのグリーティングは待ち時間に注意 でも会いたい可愛さ!

ダッフィーの人気は今でも健在。

グリーティングは、それなりに待つ可能性が高いです。

今だけの可愛いコスチュームを着たダッフィー、シェリーメイのグリーティングは、それだけ待つ甲斐があるのも事実です。

お茶目なダッフィーとシェリーメイのグリーティングは、待ち時間はかかりますが、予定に組み入れてみてはいかがでしょうか。

寒い中待って、会った時に「寒かったよー」なんて言うと、手をさすって温めてくれるダッフィーの優しさと可愛さにメロメロ!

寒さ吹っ飛ばす仕草にやられ、ダッフィーがさらに好きになったのは、ここだけの話です。

■イベント満載の東京ディズニーシーを楽しむためのコツ

2018年の冬は、初開催イベントが2つ重なり、例年以上にやりたいことが満載です。

あれもこれもと手を出したくなりますが、やりたいことはある程度決めておいた方がいいでしょう。

■アトラクション中心にするか、ショーも見るかはある程度考えておく

正直なところ、アトラクションにいっぱい乗って、ショーも見て・・・ではかなり厳しいです。

1日で全て満喫するのは至難の技です。

あえて、アトラクション乗車を中心にし、たまたまショー開催中に近くを通って見ることができた、たまたまキャラクターに会えたといった程度の巡り方でも良さそうです。

乗りたいアトラクションも、ある程度でいいので決めておきましょう。

■東京ディズニーシーは坂道が多いため体力を持っていかれやすい

東京ディズニーシーは、坂道が多いです。

そのため、体力をいつの間にか持っていかれる特徴があります。

むやみに動きすぎると、後半体力的に厳しくなりますのでご注意を。

■グッズ・お土産は午前~午後の早いうちに購入しておく

身につけグッズ、お土産は午前~午後の早い時間に購入しましょう。

上記時間は比較的空いていて、ゆっくり選ぶことができます。

夕方~閉園までお土産販売店舗は混雑しやすいので、空いている時間帯に済ませ、持ち歩くのが大変ならディズニーシー・プラザ(入園してすぐの地球儀(アクアスフィア)があるエリア)のロッカーに預けましょう。

■食事はメインの時間からずらすことで混雑回避

食事はメインになる時間帯からずらすことで、混雑回避と待ち時間短縮に役立ちます。

例えば、昼食は11時30分くらいから混み出しますので、あえて13時以降(おすすめは14時くらいまで思いきりずらす)か早めに食べる(10時30分くらい)などの工夫をしてみましょう。

■閉園時間が早い日のレストラン閉店時間に注意を

例えば、1月の東京ディズニーシーは、閉園時間19時と早い日があります。

閉園が早い日は、レストラン閉店時間も早い場所があります。(特に入園ゲートから遠いエリア)

状況によっては早めに済ませた方がいいでしょう。

■帰宅は余裕を持って

公共交通機関利用時は、余裕を持って帰路につくようにしましょう。

JR舞浜駅から東京駅新幹線ホーム、在来線まで時間がかかりますので、終電を逃したとならないようにお気をつけくださいね。

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。

あなたにおすすめ