最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

将棋・朝日杯、ベスト4最後の1人は広瀬章人八段 2.17に準決勝・決勝 羽生竜王VS藤井四段も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋の第11回朝日杯将棋オープン戦本戦の対局が1月26日に行われ、2月17日に行われる準決勝・決勝に登場するベスト4が出揃った。

 この日は渡辺明棋王が三浦弘行九段に、広瀬章人八段が菅井竜也王位に勝利。午後7時から行われた対局で、広瀬八段が渡辺棋王に勝利し、ベスト4の最後の1人となった。

朝日杯は持ち時間各40分の早指し戦。準決勝では史上初の「永世七冠」を達成し、将棋界初の国民栄誉賞も決まっている羽生善治竜王と、史上最多の29連勝を記録した中学生棋士・藤井聡太四段の公式戦初対決が実現する。また、もう一方の準決勝では久保利明王将と、この日勝ちあがった広瀬八段が対決する。

2月17日の準決勝・決勝の模様はAbemaTVでも生中継される。

(C)AbemaTV
▶第11回朝日杯将棋オープン戦 準決勝・決勝


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス