AKIRA「俺もいよいよラブストーリーか?」 テーマ曲が「白雪姫」と聞いて期待するも…

テレビファン

2018/1/26 20:22


 「EXILE TRIBE」と「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」のコラボ企画「CINEMA FIGHTERS」の初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、エグゼクティブプロデューサーのEXILE HIRO、企画・プロデュースの別所哲也、出演者のAKIRA、Dream Amiが登壇した。

本企画は、ショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」と、アーティスト集団「EXILE TRIBE」が所属する「LDH JAPAN」がタッグを組み、LDH楽曲の世界観を、河瀬直美氏をはじめとする6人の映像作家たちが具現化する、音楽と映像の新たなプロジェクト。

Flowerの楽曲「白雪姫」を原案とした『キモチラボの解法』に出演したAKIRAは、「テーマとなる楽曲が『白雪姫』と聞いて『俺もいよいよラブストーリーか?』と期待していたら、まあ(そんなことは)ないですよね」と語り、苦笑いを浮かべた。

劇中では、人の感情を操るエキスを扱う“天才”を演じたが「名前もなく、マイスターのみだったので、『誰やねん』という感じ。監督に『どこのマイスター?』と聞いても、『マイスターだから』と暗示をかけられ…」と振り返り、笑わせた。

一方、『色のない洋服店』に主演したDream Amiは、舞台経験はあるものの映画には初出演。「演技は自分でも向いていないと思っていた。最初は『私には無理です』と弱気だったのですが、自分の楽曲をテーマに(映像を)作っていただけるということで、こんなにありがたいことはないと思い、大根ながらに頑張ろうと思いました」といきさつを明かした。

別所が「全然そんなことはない。めっちゃすてきでしたよ」と驚いたように語ると、HIROも「Amiちゃんて『こんなにうまいんだ』と思った」とその演技を絶賛。「褒めていただいてどうしようという感じ」と恐縮したAmiだったが、周囲に「自信を持って」と励まされると、最後は「今日からは女優として生きていきたいと思います」と笑顔でリップサービスした。

あなたにおすすめ