世界終末時計の針が30秒進み、世界の終わりまであと残り2分に

DoomsdayClock
Photo: Getty Images

人類滅亡まで残り2分。

世界終末時計」ってご存知でしょうか。地球滅亡の時間を午前0時として、地球最後までの時間を示す時計なんですが、今朝30秒針が進められて、残り2分になってしまいました。かつてアメリカとソビエト両国が水素爆弾の実験をした1953年に針が進められて、今回と同じ残り2分まで迫ったことがありますが、それ以来の人類滅亡ギリギリタイムです。

世界終末時計は、アメリカの科学誌「The Bulletin of the Atomic Scientists 」が1947年に核戦争の脅威を警告するために作ったもの。針は情勢によって進んだり、戻ったりします。去年も残り3分だったのが針が進み、地球滅亡まで2.5分になったんです。これまでで世界滅亡まで1番時間があったのは1991年。冷戦の終わりで17分も針が戻されました。なのに、2018年は1953年にならんで世界滅亡まで最短時間記録です。かなりやばいですね。

The Bulletin of the Atomic Scientists誌のLawrence Krauss議長によると、何人かの専門家と話した結果、2018年は冷戦の時よりも危険な状態であるとのこと。「危険とその即時性を過小評価することは悲惨な核の状況を生むことになる。北朝鮮の核兵器計画は2017年に現れ、その周辺の国やアメリカへのリスクを高め続けている。」とKrauss議長はワシントンポスト紙に話しています。

今回針が30秒進んだ理由としては、トランプ大統領のツイート、ロシアに対するアメリカの核の姿勢、北朝鮮、イランなどの核兵器問題などが挙げられています。核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のBeatrice Fihn氏は「意図するのもしないものも、とにかくこれまではラッキーでやってこられました。ハワイでの弾道ミサイルが発射されたとする避難警報もありましたし、日本は早く行動しないとそのラッキーも尽きてしまうと考えていますしね。」と話しています。

また「ラッキーだったとか運任せなセキュリティは本当に馬鹿げていると思います。それがまさに現在の核の状況。122カ国が核兵器禁止条約に賛成していますが、他の国も核兵器禁止条約に参加して世界終末時計の存在自体を終わらせなくてはいけません。」とFihn氏。

核兵器は時計を進める主役となっていますが、実は核の問題ばっかりではないんです。Krauss議長は「時計はひとつの出来事によって動くわけではありません。核を取り巻く状況すべてが強い懸念となっているのです。」と説明。2007年に核以外に針を動かす要因を機械化から気候変動までじっくり調査した所、気候変動のリスクは核兵器の問題に比べてやや危険の緊急性が低いように見るけれど、壊滅的な温度の上昇は長い目で見ると、いま行動を起こさなくてはいけないとわかったとKrauss氏は話しています。「各国々がパリ協定に書かれている条件を満たすには、温室効果ガスを劇的に減らしていかなければいけません。今の所、温室効果ガスを減らすことがうまくできていない状況なのです。」と。

前途したように、去年も時計の針が30秒進んで残り3分から2.5分になってしまったのですが、トランプ大統領が核廃絶、気候変動対策に対して消極的な発言をしたことが大きかったようです。時計の針が進むか戻るかは大国アメリカの挙動にかかっているところが大きいのがよくわかります。

トランプさん...あんまり針進めないでね。

Source: Washington Post

Matt Novak - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あなたにおすすめ