リース・ウィザースプーンの脚が! 本人は「あるがままを受け入れて」

このほど人気誌の表紙をリース・ウィザースプーン、オプラ・ウィンフリー、トム・ハンクス、ニコール・キッドマンらが豪華に飾り「さすがショービズを代表する人達!」と注目を集めた。だがリースの脚に注目したファン達から「脚が2本どころか3本あるように見える」との声が噴出。それだけではなく、表紙の撮影風景をおさめた1枚に注目するとオプラの手にも異変が…。

このほど『Vanity Fair』の表紙をショービズ界の人気者たちが飾り、大きな話題になっている。しかしこれを見た人々は、リース・ウィザースプーンの脚に注目し、「不思議だ」「リースの脚が3本ある」とちょっとした騒ぎとなってしまった。そのことを知ったリースは早速Twitterを更新し、こう綴った。

「ええっと…みんな知っていると思うけれど…私、脚が3本あるの。」

「でも、私という人間をそのまま受け入れてほしいと願うわ。(それからオプラ・ウィンフリーにすり寄っていることについては謝罪しないわ。もし機会があればすり寄ることをおススメしちゃう。)」

最近のセクハラ騒動を絡めた後半部分に、人々は思わず失笑。「脚が3本あるの」との告白には驚いた人もいるようだが、『Vanity Fair』はTwitterで以下のように説明している。

「こちらでリースさんの脚が3本あるとして独占記事を出せればよかったのですが、(3本目が脚のように見えるのは)残念ながらリースさんが着用しているドレスの裏地です。」

また撮影の際のひとコマとして2枚目の画像も話題に。この写真ではオプラの向かって左の手はその腰に、右の手は自身の太腿に添えられているのだが、なんと彼女に寄り添うリースの腰をオプラの“もうひとつの手”がしっかり抱いているのだ。これを知ったオプラはリースに対して「あなたの3本目の脚も受け入れましょう。だって、あなただって私の3つ目の手を受け入れてくれているから」とツイートを返している。こちらについて『Vanity Fair』はTwitterでこのように明かした。

「オプラさんほどの方(=忙しい方)が、2つの手だけで全てをこなすなんて期待はできません。(こちらのエラーはオンラインで修正中です。)」

「画像を加工しながら、出来上がりのチェックが十分ではなかったのでは?」「画像加工が酷い」といった厳しい声もあかっているが、リースの脚については『Vanity Fair』の説明で納得した人、また「箱に座っていたのではないか」と考える人も。オプラの手に関しては完全な画像加工ミスとみて間違いなさそうだ。ただどの手がパソコン操作で付け加えたものかなど、詳細は不明である。

画像は『Vanity Fair 2018年1月25日付Instagram「12 extraordinary stars, one very momentous year―the 2018 Hollywood portfolio is here.」(Photograph by Annie Leibovitz)』『tyler oakley 2018年1月25日付Twitter「oprah has three hands & reese has three legs, and we are here for accepting them for who they are!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ