松坂桃李、家の中では彼女との「イチャイチャスイッチ」がオン?


1月24日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、俳優の松坂桃李が登場し、自身が苦手とする女性の言動を発表。さらに彼女と家の中で過ごす時の「イチャイチャスイッチ」について語り、大いに照れる一幕があった。

松坂、10回に1回は「ニャンニャン」


「女性に対してのちょっと苦手な部分」を探るコーナー。「会話の中で“さん”付けじゃなくて〇〇!って(呼び捨てで)言っちゃう人は僕の中ではちょっとダメだな。先輩なのにも関わらず、その先輩がいないところでその先輩の話をしてて、呼び捨てをする方」と松坂。

「女子会とかそうなんだろうね、トイレに行った瞬間、『アイツがさ』みたいな」と長瀬智也が話すと「聞きたくないなあんまりそういうのはね…」と顔をゆがめる城島茂。「俺とリーダーはそういうの聞くと泣いちゃうタイプだから」と松岡昌宏もこの意見に同意した。

VTRに登場した「元カノが付き合ったらベタベタしてくるので別れた」という男性について「俺も苦手」の札をあげた松坂。「付き合ったらベタベタするのはあんまり好きではない?」と国分太一に振られると、松坂は「家だったらいいんですけど。今の話だと、外でもなんかされてるっていう感じだったんで。あとなんか自分の中での“イチャイチャスイッチ”みたいなのあるじゃないですか」と発言。

この「イチャイチャスイッチ」という言葉に一斉にツッコみを入れるTOKIOメンバーに対して「言っちゃいますね、なんかこういう番組」と、つい本音を漏らしてしまったと慌てた様子の松坂。「イチャイチャスイッチって僕も初めて言いましたけど」と笑顔の松坂に「例えば彼女が、話す語尾に“ニャンニャン”ってつけてきたら?」と招き猫の仕草をしながら尋ねる国分。

「なるほど…」と下を向いて考え、「10回に1回は言うと思います」と照れながら答える松坂。「まだまだだなぁーお前、そこは“ワンワン”で返す」と違う方向からの返し方を教える松岡に、両手で顔を隠して恥ずかしがる松坂であった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ