【インタビュー】『ミッドナイト・バス』原田泰造 「演じてもいいんだ…」芸人故のかせを捨ててつかんだ役者魂

テレビファン

2018/1/26 18:33


 お笑いトリオ・ネプチューンの原田泰造。芝居の世界で活躍している芸人は大勢いるが、原田のようにコンスタントに起用され、NHK大河ドラマや朝の連続テレビ小説などにも出演し、役者としての顔も全国区である芸人はそうはいない。それは、高い演技力が評価されているからだが、過去には撮影現場で悔しい思いをしたこともあるという。そんな原田が、ネガティブな思いをはねのけ、役者業を謳歌(おうか)するまでに至ったいきさつや、2度目の映画主演に弾む胸中を語ってくれた。

直木賞候補にもなった伊吹有喜氏の同名小説を、竹下昌男監督が実写映画化した本作は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手で、バツイチ子持ちの中年男・高宮利一が主人公のヒューマンドラマだ。

恋人(小西真奈美)との再婚を考えていた利一(原田)が、16年ぶりに元妻(山本未來)と再会したことで、バラバラになっていた家族の時間が再び動き出す様子が描かれており、原田は関越トンネルを挟んで「父性」と「男性」を往来する難しいキャラクターを見事に演じ切っている。

竹下監督とのタッグは、原田が初主演した映画『ジャンプ』(04)以来2度目。前作で主役に抜てきしてもらったこともあり、「竹下監督が撮るなら出なくちゃ」と思っていた原田は、今回のオファーに何のプレッシャーもなく、ただただ「うれしい」と顔をほころばせる。

役柄上、必要不可欠だった大型自動車免許の取得も苦にはならず、3カ月ほど教習所に通い、普通免許では3、4回もトライしたという技能試験に一発合格したそうで、「バスを運転することで、気持ちが利一へ近づいていった」と、教習期間が役へのアプローチに役立ったことも教えてくれた。

そして、「原作を読んだ時に泣いたし、一番好き」と明かすフェリーでの山場のシーンに向かい、全員で力を合わせて一生懸命に作り上げたことを語った。また、他の作品に出演している原田の演技を見て、「いいと思ったことがない」と常々話している竹下監督に対して、「ひどいよね」と笑いながらも、「分からないことは何でも聞いたし、利一役を一緒に作っているなぁと実感した」と吐露すると、「これはさすがに『いい』と言ってくれるでしょう」と自信をのぞかせた。

そんな原田の役者としての原点は、ネプチューン結成前に、堀内健と組んでいたお笑いコンビ・フローレンス時代に出演した、ドラマ「ゆらゆらばし」(93)。これは、日本テレビ系バラエティー番組「ウンナン世界征服宣言」で、ウッチャンナンチャンの内村光良が初監督を務めたドラマで、「内村さんの初監督作品として名前が挙がらない、幻のドラマだけど、僕は内村さんっ子だから、このドラマに健と出られたことは自慢なんだよね」と目を輝かせた。

その後、もともと「テレビに出たい」という思いから芸能界入りした原田は、次々と届くオファーを素直に喜び、さまざまな作品に出演するが、畑違いのため、「助監督に『じゃあ、ここで何か面白いことやって』と適当に言われたり、『アドリブで』と言われたからやったら、後で『面白くなかったね』と言われたりしたこともあったかな…」と思いを巡らせた。

それと同時に、当初は「恥ずかしさ」が“かせ”になっており、「コントでは、『最後に笑いが待っている』と思えば演技も恥ずかしくなかったけど、ドラマは笑いがないのよ…」と芸人故の悩みがあったことも打ち明けた。しかし、初主演したフジテレビ系ドラマ「編集王」(00)の撮影あたりから恥ずかしさが消え、快感が生まれて楽しくなり、「演じてもいいんだ」という自信につながったことも告白した。

さらに、大河ドラマ(08年『篤姫』/10年『龍馬伝』/15年『花燃ゆ』)、朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」(13)などへの出演がきっかけで認知度が一気に上がり、日本全国どこに行っても「見ているよ」「頑張って」と声を掛けてもらえたことがうれしく、より一層の意欲が湧き起こったのだそうだ。

役に取り組む真摯(しんし)な姿勢の裏に、少しのミーハー心と、「みんなで作っている感じが部活っぽくて好き」という少年のような心を持って役者業を満喫している原田。「オファーはいつでも待っています!」と切望する原田は、次はどんな役を演じてくれるのか、私たちの期待も高まるばかりだ。
(取材・文・写真/錦怜那)

『ミッドナイト・バス』
2018年1月27日(土)から有楽町スバル座ほか全国ロードショー。

あなたにおすすめ