ホンダ「ヴェゼル」の改良モデルをホームページで先行公開

オートプルーブ

2018/1/26 18:30

ホンダは2018年1月25日、2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定している「ヴェゼル」に関する情報を、公式サイトで先行公開した。

今回のマイナーモデルチェンジでは、先進感と力強さを際立たせたエクステリアや、上質感と心地よさを追求したインテリアなど、デザインに一層の磨きがかけられている。それとともに、ハイブリッドモデルに採用している「スポーツ ハイブリッド i-DCD」にきめ細かなチューニングを施し、さらにスムーズな加速フィールを実現しているという点も注目だ。

また、先進の安全運転支援システム「Honda センシング」を全タイプに標準装備(一部のタイプでは装備しない仕様も選択可)しているのも見逃せない部分と言って良いだろう。

ヴェゼルは2013年12月に、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並みの使い勝手など、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合したクルマとして誕生。以来、2017年12月までに累計30.8万台を販売するなど、幅広いユーザー層から支持を得ている。

車両の詳細についてはヴェゼル先行公開ページを参照。

あなたにおすすめ